【ノートe-POWER】FFと4WDはどちらが買いか?

残念ながらノートe-POWERはFFモデルだけで4WDモデルの設定はありません。

4WDモデルを選ぶのであれば、ガソリンエンジンモデルを選ぶしかないでしょう。

ノートe-POWERに4WDがないのはシリーズハイブリッドシステムの制御が難しい中で更に細かい制御が必要となる4WDシステムと搭載することが難しいという理由からなのです。

構造的にはできない話ではありません。

4WDだからといって必ずしもフロア下にプロペラシャフトを通さなければならないわけではなく、日産にはモーターアシスト式4WDシステムというものがあるので、リヤアクスルに電気モーターを乗せて配線を通せばそれで4WD化することができるのです。

現にマーチやノートのガソリンエンジンモデルにはそういった仕組みの4WDシステムが搭載されています。

構造的にできないことはありませんが、シリーズハイブリッドシステム自体の難しさ、制御の難しさ、コストがかかってしまい採算が合わないということから作られていないのです。

この4WDもはっきり言ってそれ程性能がいいものではなく、前輪が空転した時だけリヤ駆動用の電気モーターを回すだけのいわゆるスタンバイ式ということになりますので、雪道でガンガン走れると言った性質のものではありませんので、逆に言えばなくてもいいのかもしれません。

ノートe-POWERには一応、そういったスリッピーな路面を走るための安全装備的なものが付けられているのでそれで十分ということなのでしょう。

1つはいわゆる横滑り防止装置と呼ばれるもので、この車でトラクションコントロール付のVDCが搭載されています。


【スポンサードリンク】

発進時や加速時にフロントタイヤの荷重が抜けることでFFモデルはトラクション性能が著しく低下することになるのですが、それをうまくコントロールするのがトラクションコントールで、フロントタイヤが空転すると電気モーターの回転数を下げ、タイヤのグリップを復活させる、ちょうど空転するか、しないかのあたりにタイヤにかかるトラクションを制御することで発進・加速時のトラクション確保を行います。

VDCは今度はタイヤの縦方向のグリップではなく、横方向のグリップを監視するシステムで、電気モーターの回転を操作したり、タイヤそれぞれ独立した形でブレーキ操作を行うことで、タイヤが横方向に滑り、車体の姿勢が崩れた時にそれを復旧させる機能が持たされています。

それからブレーキLSDという機能、これはスポーツモデルなどに使われるLSD、リミテッドスリップデフの機能を疑似的に再現したもので、片輪が空転してもトラクションが抜けないようにする機能です。

通常のデファレンシャルギヤは、左右のタイヤのトラクションを同じにしようとするものです。

カーブを曲がるときに発生する外側タイヤと内側タイヤの回転差を吸収しながら、左右に同じトラクションを与えるように調整しています。

しかし、雪道などスリッピーな路面で片輪が空転してしまった場合、トラクション的にはその空転したタイヤはトラクションがゼロということになり、その状態で反対側のタイヤも同じトラクションにしようとするということは両方のタイヤにおいてトラクションが全くかからない状態になってしまうということになります。

そうするとタイヤが空転しているだけで全く走れないということになってしまうため、空転したタイヤだけにブレーキをかけ、あたかも路面をグリップしていてそれで抵抗が生まれているというかたちをつくり、デファレンシャルギヤに「ちゃんとタイヤはグリップしているよ」と伝えて、反対側の空転していない方にトラクションを伝えるという機械をだます構造が取られています。

トラクションコントロールとこのブレーキLSD、そしてタイヤチェーンやスタッドレスタイヤなどがあれば、市街地で突然大雪が降り積もってしまったといった程度であれば何とか走ることはできるでしょう。

良質のノートe-POWERを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
残念ながらノートe-POWERはFFモデルだけで4WDモデルの設定はありません。 4WDモデルを選ぶのであれば、ガソリンエンジンモデルを選ぶしかないでしょう。 ノートe-POWERに4WDがないのはシリーズハイブリッドシステムの制御が難しい…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.