日産ノートe-POWERのタイヤサイズは? ※選び方や注意点、おすすめは・・・

ノートe-POWERにはタイヤとホイールとして4種類の組み合わせが用意され、グレード別に設定されています。

Sグレード 185/65タイヤに15インチ5.5JJのスチールホイールの組み合わせ
Xグレード 185/70タイヤに14インチ5.5Jのスチールホイールの組み合わせ
MEDALIST 185/65タイヤに15インチ5.5Jのアルミホイールの組み合わせ
NISMO 195/55サイズのスポーツタイヤに16インチ6.5Jの専用デザインのアルミホイールの組み合わせ

メーカーオプションとしてe-POWER Xグレードにはe-POWER MEDALISTに標準装備されているアルミホイールの組み合わせが用意されています。

これらのものはノートにおける標準的なサイズのもので、e-POWERモデルだからといって特別に用意されたものではありません。

性能的にもこれで十分といえ、特に好んで社外品に付け替える必要もサイズアップする必要もないでしょう。

ただ、NISMOモデルに採用されているものは少しばかりオーバーサイズで、デザインによるところもあってホイールを横から見るとスカスカでかなりみっともない助教になっています。

小さなディスクローターやドラムブレーキが丸見えです。


【スポンサードリンク】

NISMOモデルということでスポーティーないでたちにしたかったのでしょうが、もともとは単なる大衆車のノートにこういったインチ大きな派手なアルミホイールはオーバースペックですし、タイヤのサイドウォールの強度やたわみを気にするような運転をするような車ではありませんので、無駄な装備といえます。

タイヤにしてもヨコハマタイヤのS.driveという燃費とグリップ性能を両立させたタイヤがおごられていますが、これもオーバースペックで、標準モデルに採用されている低燃費タイヤで十分だと思います。

NISMOモデルはちょっとやりすぎの感があります。

タイヤやホイールを交換する際はサイズ的にはNISMOモデルで採用されている195/55タイヤの16インチのアルミホイールが最大サイズとしてみるのが妥当で、そのサイズの中で選ぶといいでしょう。

決して乗り心地が良い車ではありませんので、大幅なインチアップはおすすめできません。

スタッドレスタイヤはコスト面を考えて、14インチのホイールに185/70サイズのタイヤがいいでしょう。

良質のノートe-POWERを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うノートe-POWERを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったノートe-POWERが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったノートe-POWERを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。


愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには!!

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
ノートe-POWERにはタイヤとホイールとして4種類の組み合わせが用意され、グレード別に設定されています。 Sグレード 185/65タイヤに15インチ5.5JJのスチールホイールの組み合わせ Xグレ…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.