【ヴィッツ】種類とグレードは?

ボーイズレーサーやホットハッチなどというものが大人気だった1980年代中盤から1990年代前半にトヨタが生産していたのがスターレットという車でした。

その中でも韋駄天ターボなどと呼ばれていたスターレットターボは大人気でその時代の代表的な車となりました。

しかし、時代が進むに連れてハイパフォーマンスコンパクトカーの需要がなくなっていき、最終的には1999年に生産終了を迎えるわけですが、そのスターレットの最終モデルが発売されている次期にトヨタはもう一つのコンパクトカーを発売していたのです。

それがヴィッツです。

ヴィッツは当初リッターカーとしてデビューしたのですが、発売から約7か月後に1300ccエンジンモデルが追加されました。

実はこの時がスターレットの生産終了となった時期なのです。

これによってヴィッツは事実上スターレットの後継車種として、トヨタのコンパクトカーの中心的モデルとなったわけです。


【スポンサードリンク】

ヴィッツはその時点で燃費がよく(当時としては・・・)、価格も安いコンパクトカーとして販売されていたのですが、さらに1.5リッターエンジンモデルが追加されたことによって昔のスターレットのようなスポーツ走行に対応するような車としても扱えるようになりました。

そして、現在3代目となるモデルが発売されているわけですが、このモデルになっても1リッターエンジン、1.3リッターエンジン、1.5リッターエンジンと最近のトヨタでは珍しい三つのエンジンを用意する車として作られています。

グレードは、廉価グレードのF標準グレードのU女性向けモデルのJewelaスポーツモデルのRSの4つに分けられ、1リッターエンジンモデルにはFとJewelaが、1.3リッターモデルにはF、U、Jewelaが、1.5リッターモデルにはUとRSがそれぞれ設定されています。

さらに細かく見ると、Fのさらに下位グレードとなるF Mパッケージ、Fの1リッターエンジンモデルとUの1.5リッターモデル、1リッターのJewela、RSに設けられたアイドリングストップ機構付きのSMART STOPパッケージが用意されており、全部で16グレードとかなり多くのグレードを持つ車となっています。

中心的なグレードとなるのはやはり1.3リッターエンジンモデルで、ヴィッツの売り上げのほとんどがこの1.3リッターモデルとなっています。

良質のヴィッツを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ボーイズレーサーやホットハッチなどというものが大人気だった1980年代中盤から1990年代前半にトヨタが生産していたのがスターレットという車でした。 その中でも韋駄天ターボなどと呼ばれていたスターレットターボは大人気でその時代の代表的な車と…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.