ヴィッツの種類とグレード!トヨタコンパクトカーの中心的モデル!

ボーイズレーサーやホットハッチなどというものが大人気だった1980年代中盤から1990年代前半にトヨタが生産していたのがスターレットという車でした。

その中でも韋駄天ターボなどと呼ばれていたスターレットターボは大人気でその時代の代表的な車となりました。

しかし、時代が進むに連れてハイパフォーマンスコンパクトカーの需要がなくなっていき、最終的には1999年に生産終了を迎えるわけですが、そのスターレットの最終モデルが発売されている次期にトヨタはもう一つのコンパクトカーを発売していたのです。

それがヴィッツです。

ヴィッツは当初リッターカーとしてデビューしたのですが、発売から約7か月後に1300ccエンジンモデルが追加されました。

実はこの時がスターレットの生産終了となった時期なのです。

これによってヴィッツは事実上スターレットの後継車種として、トヨタのコンパクトカーの中心的モデルとなったわけです。

ヴィッツはその時点で燃費がよく(当時としては・・・)、価格も安いコンパクトカーとして販売されていたのですが、さらに1.5リッターエンジンモデルが追加されたことによって昔のスターレットのようなスポーツ走行に対応するような車としても扱えるようになりました。

そして、現在3代目となるモデルが発売されているわけですが、このモデルになっても1リッターエンジン、1.3リッターエンジン、1.5リッターエンジンと最近のトヨタでは珍しい三つのエンジンを用意する車として作られています。

グレードは、廉価グレードのF標準グレードのU女性向けモデルのJewelaスポーツモデルのRSの4つに分けられ、1リッターエンジンモデルにはFとJewelaが、1.3リッターモデルにはF、U、Jewelaが、1.5リッターモデルにはUとRSがそれぞれ設定されています。

さらに細かく見ると、Fのさらに下位グレードとなるF Mパッケージ、Fの1リッターエンジンモデルとUの1.5リッターモデル、1リッターのJewela、RSに設けられたアイドリングストップ機構付きのSMART STOPパッケージが用意されており、全部で16グレードとかなり多くのグレードを持つ車となっています。

中心的なグレードとなるのはやはり1.3リッターエンジンモデルで、ヴィッツの売り上げのほとんどがこの1.3リッターモデルとなっています。

愛車を、あと10万円高く売ることができるって知ってますか?

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。この方法を知らない方、多いんじゃないでしょうか。
正直言うと、かなり損しちゃってます。

その中でも、今回ご紹介するのが「ナビクル車査定」
このサービスを利用すれば、無料で簡単登録するだけで、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえちゃいます。
しかも、車種によっては、もっと高く売れると思いますよ(30~60万円位UPも可能です!)。

オススメの理由は、
全国でCM放送中の「ナビクル」だから安心!(東証一部上場企業のグループ企業が運営!)
完全無料!(もちろん買取しなくても無料!)
登録は45秒で完了!(超カンタン!)
愛車の相場がすぐわかる!(コレは使える!)
最大10社の買取額を比較できる!(あとは1番高いところを選ぶだけ!)

本気で高く売りたい方には超オススメです。
繰り返しになりますが、すべて無料です。

個人的には、愛車の相場がすぐわかるだけでもぶっちゃけかなりお得です……。(ディーラーや他社で査定する場合にも、値引き交渉の材料になるから(秘))

愛車を17万円高く売りたい方は、ぜひご活用ください~。

一括査定できる主な車買取会社

査定してくれる業者も顧客満足度92.1%だから安心!!

無料一括査定の登録は45秒で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
ボーイズレーサーやホットハッチなどというものが大人気だった1980年代中盤から1990年代前半にトヨタが生産していたのがスターレットという車でした。 その中でも韋駄天ターボなどと呼ばれていたスターレットターボは大人気でその時代の代表的な車と…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.