ヴィッツ維持費は年間いくら? グレードによりエコカー減税適用あり!

ヴィッツを維持していくのにどれだけのお金がかかるかというとまずは税金面から考えていきましょう。

ヴィッツにはグレードによってエコカー減税が適用されるものがあります。

1.3リッターのアイドリングストップ機構付モデルのように自動車取得税も重量税も免税のものから、1.5リッターでもアイドリングストップ機構がついていれば自動車取得税60%減税、重量税50%減税までいろいろな減税措置が取られています。

たとえば標準的な1.3リッターのUグレードで見てみるとこのグレードは自動車取得税も重量税も免税措置が適用されているので、購入するときに自動車取得税も重量税も0円となります。

一年に一回支払わなければならない自動車税に関しては年間34,500円となります。


【スポンサードリンク】

続いて車検時にかかる費用ですが、重量税は10,000円に減税されますのでそれ以外に2年間で22,470円となる自賠責保険と検査前点検費用、車検費用などが掛かりますので、大体10万円前後を見ておいた方がいいでしょう。

そして一番重要なガソリン代ですが、燃費がいいといってもハイブリッドカーほどずば抜けた燃費性能を持っているわけではないのでそれなりにかかります。

実際の燃費も15km/L前後となるので思ったほどガソリンスタンドが遠のくことはないでしょう。

後は自動車保険ですが、ヴィッツ自体がそれほど危険な車とは見られていないようですので、比較的安く済むことが多く、インターネットで加入できる通販型自動車保険であれば車両保険なしで20,000円〜25,000円ぐらい、車両保険付きで30,000円〜50,000円以内で加入することができるでしょう。

たった3分の簡単入力で、今の自動車保険料が半額に!

我が家では、自動車ローンに住宅ローンと、ローンで家計が圧迫して、どこかを削れないものかと模索してみた結果、自動車保険を見直すことにしました。

昔からずっと入っていたのは、いわゆる代理店型の自動車保険で、その時の保険料は48,640円でした。

通販型にはちょっと不安もありましたが、見積もりをいくつかもらって、金額とサービス内容で納得できれば、変えてもいいかな、という軽い気持ちで調べてみることにしました。

そこで、試してみたのが「保険スクエアbang! 自動車保険」です。

この保険スクエアbang!では、最大16社からの見積もりがまとめて取れるようになっていますが、私が入力した条件で見積もりを取ることができたのは次の5社でした。

自動車保険の見積もりのハガキ・SBI損保
・アクサダイレクト
・ソニー損保
・イーデザイン損保
・アメリカンホーム・ダイレクト

どこも、通販型自動車保険では有名な会社ばかりです。

入力は簡単!3分もあれば終わりました。

すると、どこの会社も1〜2日でハガキが届きました。
金額は、サービス内容によっていろいろなプラン提案があり、とてもわかりやすい。
だいたい1万円後半から、35000円前後までいろいろなプランがありました。

ですが、サービス内容は、これまでの代理店型とほとんど変わらず、なんで今まであんなに高い保険料を払っていたんだろう、とちょっと後悔しました。

ご自分の等級や家族構成などにもよって、金額も変わってくるので、一概にこの保険会社が安くていい、とは言い切れませんが、私は最終的に「SBI損保」に決めました。同じクラスの保険料を比較して、サービス内容にもほとんど差がなく、その中で1000円単位、数百円単位でですが、安かったのが決め手でした。最終的に保険料は22,120円になりました。

つまり、保険料は総額で26,520円も安くなりました。

どの保険会社さんも、ハガキでの連絡のみで、電話は一切かかってきませんでした。その後も、契約しなかった保険会社さんからもしつこい勧誘なども一切なく、あっさりと納得いく自動車保険の乗り換えに成功しましたので、本当にオススメです。

興味のある方は、ぜひ利用してみてください!!

一括見積もりできる主な保険会社

自動車保険の一括見積もりの登録は3分で終わります。
すると、あなたの条件やライフスタイルに合った格安の自動車保険を、数社が提案してくれるのでとても便利です。

Topics

【概要】
ヴィッツを維持していくのにどれだけのお金がかかるかというとまずは税金面から考えていきましょう。 ヴィッツにはグレードによってエコカー減税が適用されるものがあります。 1.3リッターのアイドリングストップ機構付モデルのように自動車取得税も重量…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.