ヴィッツの乗り心地は? かなりやわらかめの足回りが気になるが・・・

ヴィッツの足回りはフロントがストラット、リヤがトーションビームとFFのコンパクトカーによく採用されるようなあまりお金のかかっていない構造が採用されているのですが、最近ではリジットサスペンションのトーションビームも構造やセッティングなどが煮詰まってきているようで、独立懸架のような素直な動きをすることができるようになりました。

ヴィッツは1リッターモデルから1.5リッターモデルまであるわけですが、全体的に見てもやはりセッティングの煮詰めが甘いのか、それともコンパクトカーによく乗る人に合わせたのかわかりませんがかなりやわらかめの足回りが気になります。

日本の道路状況では制限速度+αぐらいの低速域で走ることが多く、ヴィッツに乗る人もそういった運転をする傾向が強いのでそれに合わせたものと思われますが、時には高速道路に乗ることもあると思うので、そういう時にふわふわしてしまうような足回りではダメです。

運転があまり得意でない方はそれだけでも恐怖を感じてしまうのですからもう少し固めでもいいかもしれません。


【スポンサードリンク】

ただ、1.5リッターのRSグレードの採用されている足回りはよくできており、若干硬さを感じることもありますがむしろこの足回りを標準的なものにすればいいと思います。

直進安定性は短いホイールベースの割には安定しており、100km/h+αぐらいの速度でもステアリングホイールに力を入れなくてもまっすぐ走ってくれるので、この点だけは合格だと思います。

音的にはこのクラスの車であればまずまずです。

エンジン音もそれなりに聞こえますし、路面によってロードノイズが入ってきますが200万円以下の大衆車にこれ以上のものを求めるのは無茶というものです。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ヴィッツの足回りはフロントがストラット、リヤがトーションビームとFFのコンパクトカーによく採用されるようなあまりお金のかかっていない構造が採用されているのですが、最近ではリジットサスペンションのトーションビームも構造やセッティングなどが煮詰…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.