【ルーミー】実燃費が悪いってホント?

ルーミーの燃費性能は、カタログ燃費的にはNAエンジンで最大24.6km/L、ターボエンジンで21.8km/Lとこのクラスのモデルとしてはまずまずのものとなっていますが、打倒ソリオを掲げて発売されたモデルにしてはソリオの最大32.0km/Lと比較するとかなり劣ることになります。

それもそのはず、OEM元のダイハツにもその親会社にあたるトヨタも1リッタークラスのモデルの搭載するハイブリッドシステムがなく、ハイブリッドシステムに頼らない低燃費を目指さなければならないのです。

こういったことに対して、低燃費をすべてハイブリッドシステムに頼ってきたトヨタには手を出すことができませんし、ダイハツに関しても過去にワゴンRとムーヴにおいての低燃費競争で敗れた歴史があるぐらい画期的に低燃費技術がないのです。

そういった中でそれまでの技術を使って出した燃費性能が最大で24.6km/Lという数字なのです。

実際には、エンジン単体での低燃費化、エコアイドルと呼ばれるアイドリングストップ機構や電動式パワーステアリング、CVT、オルタネーター制御といったものの採用しか対策として取られておらず、これといったものは一切使われていません。

それにハイトワゴンという性格上、ボディの全面投影面積が広く、空気抵抗も大きいため、燃費性能には悪い影響を与えています。

では、実際にこの車を購入してどれくらいの燃費で走ることができるのかを見てみましょう。

車種は燃費のいいNAエンジンモデルで、カタログ燃費では24.6km/Lをマークしているモデルです。

走るステージは3つ、流れのいい高速道路と地方の幹線道路、そして渋滞があちこちにある市街地です。

高速道路ではこのクラスでは珍しいクルーズコントロールを使って100km/h巡行をメインとした走りをした時の燃費となります。

その数字は約18.5km/Lとハイブリッドモデル以外で一番燃費がよくなるといわれている高速道路の走行でもカタログ燃費より約6km/Lほど燃費性能がダウンしています。

これはパワーの無い部分をカバーする意味で加速力を高めるためにファイナルのギヤ比を低くしたためで、100km/h巡行時に約3000rpmぐらいの比較的高いエンジン回転数となってしまうため、どうしても燃料消費が多くなってしまうのです。

一番左の車線を邪魔にならないように80km/hから90km/hぐらいではしればもう少し燃費がよくなるかもしれません。

次に地方によくある高速道路と間違えてしまうよいな流れのいい幹線道路ですが、こちらは高速道路ほどスピードが高くないので、巡行してもそれほどエンジン回転数が高くなりませんが、信号があるためどうしてもゴーストップをすることになり、エンジンに負担がかかってしまいます。

アイドリングストップも機能しますがパワーの無いエンジンを搭載するこのモデルではどうしてもアクセルペダルを深く踏み込み、エンジン回転数を高めなけばならないので燃料消費量がかなり多くなります。

その結果が約16.2km/Lという数字です。

カタログ燃費から約8.4km/Lのダウンです。

そして最後に信号や一時停止、渋滞、ノロノロ運転の多い市街地ですが、このパターンではスピードがそれほど出ませんのでそういった面ではエンジン回転数をおさえることができます。

加速した時に燃料消費も多くなりますが、急加速をする必要もなく、ダラダラと加速していけばいいので思ったほどガソリンを喰うことがありません。

そして停止中はアイドリングストップが機能しますので燃料消費を抑えることができますが、ただ、ゴーストップの回数が劇的に増えるため、加速時に多くのガソリンを消費するため、燃費性能も約16.0km/Lぐらいとなってしまいます。

平均してだいたい17km/Lぐらいとなり、あきらかにカタログ燃費とはかけ離れた数字といっていいでしょう。

良質のルーミーを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うルーミーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったルーミーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったルーミーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
ルーミーの燃費性能は、カタログ燃費的にはNAエンジンで最大24.6km/L、ターボエンジンで21.8km/Lとこのクラスのモデルとしてはまずまずのものとなっていますが、打倒ソリオを掲げて発売されたモデルにしてはソリオの最大32.0km/Lと…

HOME

Copyright (C) 2015 コンパクトカーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報サイト. All Rights Reserved.