【ルーミー】新車購入の注意点

ルーミーを買う上で注意したいことがいくつかあります。

まず1つ目、これは永遠に続くわけではありませんが、現状でも納期が非常にかかります。

2017年7月現在で約4か月、仮に7月に発注しても納車されるのは秋も終わりに近づく11月の後半でそろそろ冬支度をしなければならないころとなります。

夏休みは当然のこと、シルバーウィークも間に合わない状態です。

これは兄弟車のタンクも同様ですので、販売店を変えたとしても早くなることはありません。

こうなる理由は明確、思った以上の人気が出てしまったことと、生産がダイハツの工場だけでしか行われていないということです。

トヨタのルーミーといっても子会社であるダイハツが発売するトールのOEM供給を受けて販売されているものですので、生産される工場はダイハツの工場だけで、トヨタの工場では一切の生産は行われていません。

更に子会社といってもこういったOEM供給されるモデルでは、OEM元の車両を作るのが最優先で、ダイハツのトールを優先的に作り、その合間でルーミーやタンク、スバルのジャスティなどをつくるようなスタンスになっているのです。

ここでトヨタが手を出してトヨタの工場で作りはじめればもう少し納期を早くすることができるのですが、あのトヨタがわざわざコストのかかることをするわけがありません。

ルーミーを買う時は期間的に余裕をもって計画を立てた方がよいでしょう。

それからどういった使い方、どういった乗り方をするのかでもルーミーが妥当なのかということが判断できます。

ルーミーは基本的にはタウン仕様で、市街地や幹線道路を走ることを想定して作られている車で走行性能よりも居住性と燃費を最優先した車です。

苦手とするのは高速道路のようなハイスピードレンジ、それから峠道のようなきついコーナーが続くような道です。

このモデルは1リッターエンジンという軽自動車とたいして違いの無いエンジン排気量を持つエンジンを搭載し、NAエンジンモデルでは69ps、ターボエンジンモデルでは98psといったわずかなパワーしか持っていません。


【スポンサードリンク】

それに対してボディ重量は1トンオーバーで、フル定員ともなると1.3トンぐらいになります。

その重量をこの非力なパワーで走らせるのはかなり厳しいといっていいでしょう。

高速道路では100km/h巡行が精一杯といったところで燃費も悪くなりますし、エンジン音もうるさくなりますので快適に高速クルージングというわけにはいかないでしょう。

一方、峠道のようなコーナーが多い道路では、全高が異常に高い設計となっているため常時、大きなロールに襲われることになります。

これは軽自動車のタントやスペーシアなどと同じです、重心が高いことからどうしてもロールが大きくなってしまい、ドライバーには恐怖感を、車体でロールアンダーが発生することになりますので、コーナーリングスピードはかなり低くなります。

これにはトヨタ系の車では定番となっているボディ剛性が弱いということとコスト削減のためにつけられたトーションビーム式のリヤサスペション構造も大きな影響を与えています。

ルーミーは比較的若年層に人気があるようですが、若年層が好むような運転はできない車といっていいでしょう。

街中で大人しく乗る車、街乗り用にセカンドカーとして乗る車と理解し、そういった使い方や運転の仕方をする人であればこの車を買っても損はないかもしれません。

まあこの辺は、実際に試乗をしてみて加速性能やスピードの乗り具合、コーナーリング中のロールの具合を確かめればすぐにわかると思います。

そしてこれからこの車を買ったらいくらぐらいの値引きがされるのかということですが、まずこの車はトヨタの車であるということを理解していただきたい、トヨタのディーラーでは不人気車でなかなか値引きをしないぐらい値引きに渋いところでもあります。

そういった中で、納期が大幅に遅れるぐらいの大人気車種となってしまったらどうなるか、当然ながら更に値引きに渋くなります。

平均して5万円から15万円といったところで、オプションによる値引きもだいたい5万円から10万円ぐらいとなるでしょう。

良質のルーミーを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ルーミーを買う上で注意したいことがいくつかあります。 まず1つ目、これは永遠に続くわけではありませんが、現状でも納期が非常にかかります。 2017年7月現在で約4か月、仮に7月に発注しても納車されるのは秋も終わりに近づく11月の後半でそろそ…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.