【ルーミー】ルーミーについて

スズキが発売したコンパクトカークラスのスーパーハイトワゴンのソリオ、この車が現在のモデルへとモデルチェンジしてからというもの、売れに売れてコンパクトカーの全ての需要を持って行ったのかと思うぐらいの大人気となりました。

それまでのコンパクトカークラスにはなかったスーパーハイトスタイル、コンパクトカーながらハイブリッドシステムを搭載した心臓部を持つことから、若年層を中心にかなり売れています。

こういったいわゆる一強状態を他の自動車メーカーが放っておくわけがありません。

特に軽自動車クラスにおいて常にライバルとなっているトヨタの子会社、ダイハツが見すごすわけがないのです。

そこで打倒ソリオを掲げて発売したのがトールでした。

このモデルもソリオと同じようにコンパクトカークラスの比較的小さな寸法を持つスーパーハイトワゴンスタイルを持つモデルで、エンジンも1リッターと小さなエンジンを搭載しています。

このモデルは親会社のトヨタやそのトヨタが大株主となっているスバルにOEM供給され、スバルでは懐かしい社名を使ってジャスティとして販売されましたが、トヨタでは販売チャネル違いの兄弟車として発売したのでした。

その一つがトヨタ店、カローラ店での販売となるルーミーです。


【スポンサードリンク】

トヨペット店とネッツ店ではタンクという名前で販売されていますが、違いは、コストをかけずに簡単に交換することができる部分だけ、95%全く同じ車となります。

この2台とOEM供給元のダイハツのトール、そしてスバルのジャスティと1台の車体で4つのモデルを作り上げたのでした。

この4つのモデルでソリオ包囲網を作ったわけですが、その中で打倒ソリオに一番貢献しているのがトヨタのルーミーとタンクです。

ただ、これらのモデルすべてに言えることですが、新規モデルではなく、トヨタグループお得意の流用パーツで作られたモデルです。

基本となるプラットフォームとエンジンは3代目ブーンとパッソと全く同じもので、ホイールベースもサスペンション構造もエンジンのマウント方式もトランスミッションも全く同じものが使われています。

要するに中身は2016年に発売されたブーンで、そこの新しいボディを乗せただけの車ということで、プリウスとC-HR、アクアとヴィッツ、先代プリウスとCT、クラウンとGSなどと同じ作り方です。

まさにトヨタグループが大の得意とする究極のコストダウン術で作られたのがこの4つモデルというわけです。

ルーミーを買った人は、見た目に騙されて売れ行きの悪いブーンを買わされているだけという見方もできるでしょう。

良質のルーミーを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
スズキが発売したコンパクトカークラスのスーパーハイトワゴンのソリオ、この車が現在のモデルへとモデルチェンジしてからというもの、売れに売れてコンパクトカーの全ての需要を持って行ったのかと思うぐらいの大人気となりました。 それまでのコンパクトカ…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.