【ルーミー】ライバル車は!?

ルーミーのライバルと言えば、もうこれしかいないでしょう。

スズキのソリオです。

そもそもトヨタグループがソリオの独り勝ちを見過ごせないということからダイハツに同じクラスに新しいモデルを投入させたという経緯があるわけですから、ライバルにならないわけがありません。

トヨタグループも相当ソリオの人気が怖かったようで、OEMや販売チャネル違いの兄弟車をあわせて4台で1台の車に立ち向かうといったかたちをとっています。

ただ、そういったことはトヨタグループの資金力がなせる業ですが、相当急いで作ったようで車体自体はあまり出来がよくありません。

一番大きなポイントはダイハツ・ブーン、トヨタ・パッソと同じ車であるということです。

プラットフォームもエンジン形式もサスペンションもトランスミッションも全て同じでボディが違うだけといった車作りがされているのです。

まあ、こういった車作りはトヨタグループがお得意とすることで、わずかな開発費で1台の車を作り上げるというコスト削減策のなせる業といえるでしょう。


【スポンサードリンク】

そして2つ目、ソリオは一応ハイブリッドモデルなのですが、そのハイブリッドモデルに対抗するために発売した車がハイブリッドモデルではないという点です。

トヨタグループはハイブリッドカー天国で、今の売り上げのほとんどがハイブリッドカーでもたらされているといっていい現状で、スズキの簡易型ハイブリッドシステムの対抗することができるものを持っていないというのはかなり厳しいことだと思います。

そういう時だけ「ルーミーはダイハツの車だから・・・」といって逃げると思いますが、ダイハツはトヨタの子会社ですし、それを知っている方もたくさんいるのでそういった理由も通用しません。

これも実にトヨタグループらしいことであって、人気のあるクラスに流用モデルを投入して、あとは販売戦略でなんとかするといったパターンを過去からずっと行ってきていました。

このルーミーもそのパターンで作られた車ですので、車自体が全く新しいものでもありませんし、優れた性能を持っている車でもありません。

よく考えればソリオにはかなわないことがわかると思います。

走行性能もよくない、パワーもない、燃費も良くない、特に実燃費が悪い、価格が高い、思ったほど広くない、結局はダイハツ車、タントの延長線上にある車であるといったような車、どうして買う必要があるのでしょうか。

今回のライバル車投入ははっきりいって商品力が弱いため、車の出来としてはトヨタグループの完敗でしょう。

良質のルーミーを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ルーミーのライバルと言えば、もうこれしかいないでしょう。 スズキのソリオです。 そもそもトヨタグループがソリオの独り勝ちを見過ごせないということからダイハツに同じクラスに新しいモデルを投入させたという経緯があるわけですから、ライバルにならな…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.