ルーミーのバッテリー寿命は? ※劣化スピードと交換時期は・・・

ルーミーはダイハツのトールのOEMモデル、トールはブーンのボディ違いの車ですので、ルーミーもパッソのボディ違いモデルであって、バッテリーも全く同じものが使われています。

標準装備されれているバッテリーはエコカー規格のもので5時間率32AhとなるM42型です。

M42型はトヨタ系のコンパクトカーによく使われるバッテリーで、アイドリングストップが付けられているのでエコカー規格の立ち上がりの良いものが使われます。

ルーミー自体はアイドリングストップやオルタネーター制御以外にバッテリーに負担がかかる機能はつけられていないのでこれで十分なのかもしれませんが、一見、パーソナルカーのようにもファミリーカーのようにも見えますが、実際には単なる実用車であるため意外と電力消費は大きくなります。

全く同じ作りがされているパッソではあればそれほど電力消費は多くないのでM42型程度のバッテリーで十分ですが、それよりも消費電力が多くなる傾向があるルーミーで同じバッテリーというのはちょっと心もとない感じがします。

そこでおすすめできるのが容量アップです。

1つは同じM規格の容量アップ版を使うこと、パナソニックのカオスからM55型というバッテリーが販売されており、容量的には5時間率で33Ahとたった1Ahしか違いがありませんが、バッテリーの作りの違いから数字以上の容量アップがされているので、早々バッテリーを上げることも無くなると思います。


【スポンサードリンク】

バッテリーの交換は純正バッテリーなら二年目の定期点検時に交換するのがベスト、パナソニックのカオスであれば理想は3年、最高で5年ぐらい持つでしょう。

早めに交換しても悪くはありませんが、まだ使えるのに高いお金を出して交換するのはもったいないです。

純正バッテリーは高いだけで持ちが悪いのが特徴ですから、初めての交換の際にパナソニック製やボッシュ製などの社外品に交換した方がいいと思います。

バッテリーの位置はエンジンルーム内、助手席側におかれているので、バッテリー交換も比較的楽で、バッテリー上がりを起こしてブースターケーブルでつなぐときもアクセスしやすくなっています。

ですのでバッテリー交換ぐらいは自分で行いましょう。

交換作業も簡単、ケーブルを取り外して固定用金具のボルトを2本緩めて取り外し、そして同じように新しいバッテリーを取りつけて、ケーブルをつなぐだけです。

一部、リセット作業な度が必要になる場合もありますが、ディーラーに電話してリセットの方法を聞いてそれを実行すればOKです。

この方法では工賃2000円から5000円を節約、バッテリーの代金を半額にすることができます。

バッテリー上がりの救世主【LUFTジャンプスターター】

バッテリー上がりが心配なシーズンにかかせない必須アイテムのご紹介です。

バッテリー上がりの救世主【LUFTジャンプスターター】これまでのジャンプスターターにありがちな・・・「パワー不足」「見た目がイマイチ」「大きすぎて邪魔」「日本語説明書が付いてない」「大型車、ディーゼル未対応」なんておさらばです!

【LUFTジャンプスターターをオススメする理由】
・楽天市場15冠達成!
・フルモデルチェンジでシリーズ最新最高傑作に!
・最大電流500Aの圧倒的なパワー!
・コンパクトでスマートな洗練されたデザイン!
・高性能スマートICケーブル搭載!
・安心の1年間メーカー保証付き!

圧倒的な商品在庫数を、公式サイトでぜひ体感してみてください。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ルーミーはダイハツのトールのOEMモデル、トールはブーンのボディ違いの車ですので、ルーミーもパッソのボディ違いモデルであって、バッテリーも全く同じものが使われています。 標準装備されれているバッテリーはエコカー規格のもので5時間率32Ahと…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.