【ルーミー】バッテリーの寿命は?

ルーミーはダイハツのトールのOEMモデル、トールはブーンのボディ違いの車ですので、ルーミーもパッソのボディ違いモデルであって、バッテリーも全く同じものが使われています。

標準装備されれているバッテリーはエコカー規格のもので5時間率32AhとなるM42型です。

M42型はトヨタ系のコンパクトカーによく使われるバッテリーで、アイドリングストップが付けられているのでエコカー規格の立ち上がりの良いものが使われます。

ルーミー自体はアイドリングストップやオルタネーター制御以外にバッテリーに負担がかかる機能はつけられていないのでこれで十分なのかもしれませんが、一見、パーソナルカーのようにもファミリーカーのようにも見えますが、実際には単なる実用車であるため意外と電力消費は大きくなります。

全く同じ作りがされているパッソではあればそれほど電力消費は多くないのでM42型程度のバッテリーで十分ですが、それよりも消費電力が多くなる傾向があるルーミーで同じバッテリーというのはちょっと心もとない感じがします。

そこでおすすめできるのが容量アップです。

1つは同じM規格の容量アップ版を使うこと、パナソニックのカオスからM55型というバッテリーが販売されており、容量的には5時間率で33Ahとたった1Ahしか違いがありませんが、バッテリーの作りの違いから数字以上の容量アップがされているので、早々バッテリーを上げることも無くなると思います。

バッテリーの交換は純正バッテリーなら二年目の定期点検時に交換するのがベスト、パナソニックのカオスであれば理想は3年、最高で5年ぐらい持つでしょう。

早めに交換しても悪くはありませんが、まだ使えるのに高いお金を出して交換するのはもったいないです。

純正バッテリーは高いだけで持ちが悪いのが特徴ですから、初めての交換の際にパナソニック製やボッシュ製などの社外品に交換した方がいいと思います。

バッテリーの位置はエンジンルーム内、助手席側におかれているので、バッテリー交換も比較的楽で、バッテリー上がりを起こしてブースターケーブルでつなぐときもアクセスしやすくなっています。

ですのでバッテリー交換ぐらいは自分で行いましょう。

交換作業も簡単、ケーブルを取り外して固定用金具のボルトを2本緩めて取り外し、そして同じように新しいバッテリーを取りつけて、ケーブルをつなぐだけです。

一部、リセット作業な度が必要になる場合もありますが、ディーラーに電話してリセットの方法を聞いてそれを実行すればOKです。

この方法では工賃2000円から5000円を節約、バッテリーの代金を半額にすることができます。

良質のルーミーを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うルーミーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったルーミーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったルーミーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
ルーミーはダイハツのトールのOEMモデル、トールはブーンのボディ違いの車ですので、ルーミーもパッソのボディ違いモデルであって、バッテリーも全く同じものが使われています。 標準装備されれているバッテリーはエコカー規格のもので5時間率32Ahと…

HOME

Copyright (C) 2015 コンパクトカーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報サイト. All Rights Reserved.