【ルーミー】タイヤやホイールのサイズは?

ルーミーに標準装備として用意されているタイヤとホイールは、全部で3組となります。

カスタムG-Tグレードには175/55タイヤに15インチ5Jのアルミホイールが、カスタムGとカスタムG"S"グレードには165/65タイヤに14インチ5Jアルミホイールが、そしてそれ以外のものはすべて165/65タイヤに14インチ5Jのスチールホイールとホイールキャップといった形になります。

ルーミーの性能、車の使い方などから考えるとこれで十分であって、インチアップやタイヤの太さを太くする必要はないでしょう。

メーカーオプションとしてのホイールは用意されていませんが、スポーツパーツを扱うTRDから14インチとか15インチといたTRD専用デザインのアルミホイールがオプション扱いで売られていますが、これもこの車には贅沢というか必要ないものであって、ただ単にトヨタが小物で儲けようとしているだけの話です。

ちなみにアルミホイールにとって一番重要な重量ですが、TRDのものと標準装備のものとでほぼ同じぐらいとなります。

むしろホイールのリム幅が5Jから5.5Jに広げられていることから重たくなっているものもあるようです。


【スポンサードリンク】

ルーミーは実用車であって、女性用モデルであって、経済力の低い若年層用モデルであって、足元を飾るような車ではありません。

そこにお金を使うのであればルーミーではなくもっと上のクラスの車を買うべきです。

くれぐれも井の中の蛙にならないように、ルーミーの中で上級志向を高めるのではなく、自動車界全体で上級志向をもとめましょう。

それからTRDや社外品としてルーミー用の16インチホイールとか太いタイヤなどが販売されていますが、それらはすべてルーミーの性能にあわせたということで作られ販売されているわけではなく、ただ単に儲けたいがためにルーミー用として販売しているだけです。

そういったものを購入して「かっこいいだろう」とか「走行性能が向上した」と思うのは思い込みやプラシーボ効果で以外に何者でもありません。

トヨタが、あるいはダイハツが標準装備として用意したものがベストのタイヤ、ベストのホイールであり、それ以上のものをつけるとブーンと共有の廉価モデル向けサスペンションが負けてしまいますので、むしろ性能ダウンとなります。

結論を言うとルーミーにおいてインチアップ、タイヤサイズアップは全く必要なく、タイヤがすり減ったら同じサイズのタイヤを購入すればいいと思います。

これはスタッドレスも同様です。

良質のルーミーを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ルーミーに標準装備として用意されているタイヤとホイールは、全部で3組となります。 カスタムG-Tグレードには175/55タイヤに15インチ5Jのアルミホイールが、カスタムGとカスタムG"S"グレードには165/65タイヤに14インチ5Jアル…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.