マーチ新車購入の注意点! ※試乗時の要チェックポイントは・・・

マーチを新車で購入するときは、まずどういった使い方をするのかを考えるといいでしょう。

マーチといっても一般的な大衆車、女性用モデル、スポーティーモデルの3つがあり、基本は全く同じですが、イメージや性能に若干の違いがあります。

特に標準モデルとNISMO Sモデルは乗った感覚が全く違う車であるかのように感じるぐらいの違いが付けられているので、見た目がかっこいいからといって何でもかんでもNISMOモデルに飛びつくはやめたほうがいいでしょう。

ボレロに関しては標準モデルに多少いい装備がついているだけのものですが、やはりマーチは、男性より女性の方が似合うので、装備がよいからといって男性の方がこのモデルを選ぶのはちょっと気が引けます。

特に何も目的がない、日常の足として使うのであれば、標準モデルが一番無難です。

足として使うのであまり装備にはこだわらないという方はSグレードを、快適装備や燃費を気にする方はXグレード、Gグレードあたりを選ぶと損はしないと思います。

ちなみにエアコンはマニュアルエアコンが標準装備となっているので、オートエアコンが必要な方はメーカーオプションとして選択しておかなければなりません。


【スポンサードリンク】

価格帯に関しては、FFモデルだけで見ると標準モデルが1151280円から1557360円、ボレロが1586520円、NISMOモデルが1603800円から1842480円といった形になります。

NISMOモデルは別としても、高くても150万円台で購入することができるので、比較的安い車と見ていいでしょう。

軽自動車ですらいまどき150万円ぐらい出さないとまともな車が買えない時代になりましたので、それと同等であるということであればまずまずといったところです。

値引きに関しては、マーチはモデル的にだいぶ年式を重ねてきたモデルですので、そろそろこなれてきたころで、次なるモデルが噂が出ているので値引き額は比較的柔軟です。

車体だけの値引きで最大40万円ぐらい、オプション値引きで20万円ぐらいと無理してオプションを付けてそれで値引きを狙うのではなく、正々堂々と車体値引きを狙った方がいいようです。

ライバルと比較して値引きを迫るのであれば、トヨタのヴィッツ、ポルテ、ホンダのフィット、マツダのデミオ、三菱のミラージュあたりを引き合いに出すといいかと思います。

NISMOモデルは特別なモデルですし、台数が出ないものでもありますので、値引き額は渋めで10万円から20万円といったぐらいになるかと思われます。

Topics

【概要】
マーチを新車で購入するときは、まずどういった使い方をするのかを考えるといいでしょう。 マーチといっても一般的な大衆車、女性用モデル、スポーティーモデルの3つがあり、基本は全く同じですが、イメージや性能に若干の違いがあります。 特に標準モデル…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.