【マーチ】バッテリーの寿命は?

マーチには大きく分けてアイドリングストップ機構なしのSグレード、アイドリングストップ機構付のXグレード以上のもの、ボレロ、NISMO、NISMO Sと分けることができますが、標準装備のバッテリーは2種類しか用意されていません。

アイドリングストップ機構なしのものが80D23L型、アイドリングストップ付とNISMO SがQ85型となります。

80D23L型は5時間率で52Ahと比較的大きめのものが搭載されており、Q85型はエコカー規格のもので5時間率48Ahといったものになります。

どちらの容量的には十分で、バッテリーが上がりやすいとか電圧降下がひどいといったことはなく、標準装備のバッテリーでも不自由なく使うことができるかと思います。


【スポンサードリンク】

交換サイクルも一般的な2年から3年ぐらいでいいと思いますが、ただアイドリングストップ機構付のモデルでは意外とバッテリーへの負担が大きく、寒い地域ではエコカー規格で寒冷地仕様とも共通となっているQ85でもあまり長い間使えないこともあるようで、1年から2年ぐらいで交換しないとバッテリー上がりを起こしたり、バッテリーの電力不足でアイドリングストップが機能しなくなることが多くなるそうです。

そういうことであれば、標準装備のバッテリーより一回り大きな容量を持つバッテリーに交換するといいでしょう。

とはいってもディーラーでは用意できませんのでおのずと社外品となります。

メーカーとしてパナソニックとかユアサとかボッシュといった有名メーカーであれば問題ないかと思いますが、エコカー規格のバッテリーを選んだ方がいいので買う時には気を付けましょう。

良質のマーチを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
マーチには大きく分けてアイドリングストップ機構なしのSグレード、アイドリングストップ機構付のXグレード以上のもの、ボレロ、NISMO、NISMO Sと分けることができますが、標準装備のバッテリーは2種類しか用意されていません。 アイドリング…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.