【プリウス】FFと4WDはどちらが買いか?

4代目モデルになって初めて売られるようになった4WDモデル、トヨタとして見ればFFモデルしかなかったプリウスがこれまでどうしても販売不振となりがちだった降雪地域においての販売促進になるということで喜んでいるかと思いますが、トヨタの販売戦略に誘導されて降雪地域で4WDモデルを買ってしまった方のほとんどの方からガッカリしたという話をたくさん聞きます。

プリウスの4WDモデルに搭載されているのは一般的な4WDシステムとは全く違う構造を持つE-FOURというものです。

E-FOURを簡単にいうとFFモデルにリヤタイヤ駆動用の電気モーターをリヤアクスルにつけ、その電気モーターへ流す電気量で前後のトラクション制御をしているだけのものです。

これを果たして4WDシステムといっていいのかわかりませんがとりあえず4つのタイヤを同時に回すことができるので4WDシステムといえるではないかと思います。

ただ、このシステムはもともとは4WDシステムとして考えられて作られたものではありませんでした。

E-FOURはもともとトヨタの大型ミニバンであるアルファード、ヴェルファイア兄弟、そしてエスティマの2.4リッターガソリンエンジンモデルを流用してハイブリッドモデルを作ろうとなった時に便宜的に作られたシステムでした。

大型ミニバンに限らずミニバンと呼ばれる車は短いボンネット下にあるわずかなエンジンルームに中にエンジンや補機類を押し込む形で作られているものです。

その車をそっくりそのまま使ってハイブリッド化しようとするとハイブリッドシステムの機器は何とかエンジンルーム内に収めることはできたのですが、2トン近い重量がある車を快適に走らせるための高出力の大きな電気モーターを収めることができませんでした。

そこで収めることができる小さな電気モーターだけをエンジンルームに押し込んで、その小さな電気モーターで足りないパワーをリヤアクスルに電気モーターをつけることで補った・・・これがE-FOURの始まりです。

ですので、現在でもアルファード・ヴェルファイア兄弟車などでは、4WDのハイブリッドモデルはあってもFFのハイブリッドモデルはありません。

要するに4WDシステムを作ろうとして作ったものでなく、4WDにせざるを得なかったわけです。

それを後日、「このシステムはE-FOURと呼ばれる4WDシステムです」といい始めて、電気式4WDシステムとして扱うようになった・・・それをプリウスにも搭載してしまったと言うのがプリウスの4WDモデルであるわけです。

そうなるとおのずと4WDシステム自体の性能があまり良くないことがわかります。

4WDだからといって常に4つのタイヤにトラクションが掛かっているわけではなく、メインとなる駆動輪であるフロントタイヤで空転を検知したら初めて後輪用の電気モーターに電気を流すといったような、軽自動車などに搭載されているスタンバイ式4WDと同じ制御がされているのです。

独立した電気モーターを持つシステムなのですから常に4つにタイヤにトラクションをかけることなど簡単です、制御システムのプログラムデータをそうすればいいわけですから・・・トヨタがそうしないのは、そうすることでバッテリーの消費が多くなる、消費が多ければエンジンを頻繁にかけて充電しなければならない、エンジンを頻繁にかければガソリンを喰う・・・といった形で燃費性能が悪化してしまいます。

燃費性能だけが取り柄のプリウスにとってこれは死活問題ですので、スタンバイ式4WDと同じようにフロントタイヤが空転した時だけのわずかな時間だけリヤ用の電気モーターに電気を流すという制御をするようにしたわけです。

こういった性格のプリウスの4WDモデル、これは何もプリウスだけでなくE-FOURを搭載した疑似4WDモデルにおいてもそうなのですが、4WDモデルとしてのトラクション性能を求めてはいけません。

一応、FFではスタックしてしまうようなところをなんとギリギリ脱出することはできるようですが、4WDモデルとしての走行性能を得ることができるわけでもないですし、悪路を走破することが目的のものではないため、気体はしない方がいいと思います。

はっきり言ってFFモデルを買ってスタッドレスタイヤを履いたのとたいした違いはありません。
それに雪道や多少なりとも未舗装路を走ることがあらかじめわかっているのであれば最初からプリウスを選んではいけません。

希望のプリウスが簡単に手に入る、最も確実な方法とは!?

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うプリウスを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったプリウスが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったプリウスを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車をあと17万円高く売る、おそらく1番確実な方法がコレ!!

新しい中古車を新車でも中古車でも買おう思った時、ほとんどの人が、何も考えずに、これから買う車の販売店で下取りしてもらっていることだろう。

でも、ちょっと待った!!

それ、相当損してますから・・・。下手したら60万円くらい損してるかも・・・
今一度、冷静になって、考えて見てみることを強くオススメする。

下取りなんて、車購入資金の何の足しにもならないのだから・・・

ただただ愛車がかわいそう。
例えるなら、ブックオフで本を売るくらい、ほとんどお金にならない(笑)

では、どうすればいいのか!? それについてお話しよう。

私がおすすめするのは、「かんたん車査定ガイド」というサービスだ。

愛車の査定額が平均17万も高くなった、という実績がある通り、1番高く愛車を売りたいならぜひ試してもらいたいサービスなのだ。

平均17万円も高い査定額を手にしたら(平均だからね)、、40万や60万もの差がでることもザラだから、夢が広がるばかり・・・
17万円もの棚ぼたの臨時ボーナスを手にしたら、どうするか想像してみるといいだろう。

自分なら・・・

・グレードの高いタイヤやホイール、冬ならスタッドレスタイヤを買う
・少しグレードの高いカーナビやスピーカーを取付ける
・家族で沖縄旅行にいく
・娘にピアノを買ってあげる
・高級料理店で贅沢する
・最近ガタがきはじめた家電をごっそり買い換える
・10年目の結婚の節目に奥さんにサプライズプレゼントする
 などなど

みなさんにも、まずはその部分をイメージしてもらいたい。

さて、このサービスをオススメする理由だが、日本を代表する大手買取業者(最大10社)がこぞって、しのぎを削って査定してくれるわけだから、高額査定してもらえる可能性はかなり高いわけだ・・・どの業者も必死だからね。。。

さらに最近は、昔ほどしつこい電話連絡もほとんどなくなったし、もし電話が来たとしても、「他社が●●万円だから」というだけで、手が出せない業者は大人しくしっぽ巻いて帰っていくだけだから。。

それでも下取りに出した方が断然ラク・・・というお金持ちの人にはオススメしないが、そんな高額査定の可能性を秘めているから、試してみても損することはないだろう。

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

Topics

【概要】
4代目モデルになって初めて売られるようになった4WDモデル、トヨタとして見ればFFモデルしかなかったプリウスがこれまでどうしても販売不振となりがちだった降雪地域においての販売促進になるということで喜んでいるかと思いますが、トヨタの販売戦略に…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.