プリウス現行モデルと3代目を比較 ※違いは見た目だけで中身は・・・

「4代目モデルと3代目モデル、どこが変わったかなんて、見りゃわかるでしょ?ぜんぜん違う車じゃん!」

こう思った方は、残念ですが完全のトヨタの術中にはまっており、だまされています。

確かに2台のプリウスを並べて比べてみると、明らかに違う車に見えます。

ボディのデザインも「子供に描かせた近未来の未来カー」的なコンセプトは全く変わっていませんが、3代目モデルまでは丸みを帯びたデザインでしたが、4代目ではまるで '50年代 '60年代のアメリカ車のようなエッジのきいた角ばったデザインとなりましたので、パッと見は全く違うような車に見えます。

しかし、違いがあるのはその部分だけで、要するに外から見えるボディのデザイン、インテリアのデザイン以外は99%同じでなのです。

まず土台となるプラットフォームですが、先代モデルでは新MCプラットフォームと呼ばれる小・中型モデル用のプラットフォームが使われていたのに対して、4代目モデルではTNGA-Cプラットフォームというものが使われています。

TNGA-Cプラットフォームはトヨタが新しく打ち出したTNGAプラットフォームの1つです。

TNGAプラットフォームとは1つのプラットフォームを作り、それをいろいろなモデルに無理やり当てはめて使うのではなく、例えばですが「フロント部」「キャビン部」「リヤ部」と分けてそれぞれにいろいろなパターンのプラットフォームを作り、車にあわせて組み替えることでいろいろなプラットフォームを作りましょうという概念です。

分かりやすくいうと例えば・・・

フロント部:A型エンジン搭載用・B型ハイブリッドシステム搭載用・エンジン縦置き用
キャビン部:ショートホイールベース用・ロングホイールベース用・センタートンネル付FR用
リヤ部:トーションビームサスペンション用、ダブルウィッシュボーンサスペンション用、低床ワゴン用

といったようなものをそれぞれに作り、新しく発売する車の性質にあわせて組み替えて、

「A型エンジン搭載用」+「ショートホイールベース用」+「トーションビームサスペンション用」を組み合わせて安価なハッチバックモデルを作るとか
「B型ハイブリッドシステム搭載用」+「ロングホイールベース用」+「ダブルウィッシュボーンサスペンション用」を組み合わせてハイブリッドモデルを作るといった形で1つのプラットフォームを作るということです。

その組み合わせにAタイプとかCタイプなどがあり、それをTNGA-AとかTNGA-Cと呼んでいるだけです。


【スポンサードリンク】

こういった考え方は既にフォルクスワーゲンやルノー日産で頻繁に使われていて、それ自体は珍しいことではないのですが、トヨタは実はTNGAを改めて提唱する以前にも同じことをやっていました。

それは既にいろいろな車用に作られたプラットフォームを切り貼りして、新しいモデルにあったプラットフォームを作るというもので、これまでもトヨタ・ダイハツのモデルにたくさん利用されてきました。

要するに切り貼りして1つのプラットフォームを作るということですから、TNGAの概念と全く同じということになるわけで、例えるなら最初から切り離せるようにミシン目を入れてあるのがTNGAの概念、ミシン目がないのがそれまでのトヨタのプラットフォームづくりということなのです。

そのTNGA-Cが新たに採用されたということになっていますが、概念や呼び名は違えども新MCプラットフォームとほぼ同じものを使っていて、唯一違うと言えばリヤサスペンションが安価なトーションビームからダブルウィッシュボーンサスペンションになったことぐらいでしょうか。

それ以外はTNGA-Cと名前が変わっても同じです。

次にパワーユニットですが、トヨタのハイブリッドモデルのパイロットモデルとして作られている車ですので、ハイブリッドシステムが搭載されているのは当たり前ですが、エンジンとの組み合わせを見ると1.8リッターミラーサイクルの2ZR-FXE型エンジンに1NM型電気モーターの組み合わせとなり、エンジンは同じものの電気モーターに違いがありますが、1NM型電気モーターは先代モデルで使われていた3JM型の消費電力少量版として改良されたものですので基本は同じで、エンジンとハイブリッドシステム自体は全く同じといっていいでしょう。

ただ、より燃費性能を向上させるべく制御プログラムを変えたことでそれに合わせてエンジンも電気モーターもパワーダウン、システムパワーも2代目プリウスに迫るぐらいの122psしか発揮できなくなっています。

それとハイブリッドシステム用のバッテリーが一部でリチウムイオンバッテリーに代わっています。

それから今回のモデルで初めて、E-FOURと呼ばれる電気式スタンバイ4WDシステムを搭載した4WDモデルが追加されました。

総じて見ると先代モデルとの違いは・・・

・リヤサスペンションがダブルウィッシュボーンサスペンションになった
・電気モーターが変更になった
・パワーダウンした
・スタンバイ式4WDモデルがある
・リチウムイオンバッテリー搭載モデルがある

といったことだけで、あとはほぼ同じものです。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
「4代目モデルと3代目モデル、どこが変わったかなんて、見りゃわかるでしょ?ぜんぜん違う車じゃん!」 こう思った方は、残念ですが完全のトヨタの術中にはまっており、だまされています。 確かに2台のプリウスを並べて比べてみると、明らかに違う車に見…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.