【プリウス】現行モデルと3代目の違いは?

「4代目モデルと3代目モデル、どこが変わったかなんて、見りゃわかるでしょ?ぜんぜん違う車じゃん!」

こう思った方は、残念ですが完全のトヨタの術中にはまっており、だまされています。

確かに2台のプリウスを並べて比べてみると、明らかに違う車に見えます。

ボディのデザインも「子供に描かせた近未来の未来カー」的なコンセプトは全く変わっていませんが、3代目モデルまでは丸みを帯びたデザインでしたが、4代目ではまるで '50年代 '60年代のアメリカ車のようなエッジのきいた角ばったデザインとなりましたので、パッと見は全く違うような車に見えます。

しかし、違いがあるのはその部分だけで、要するに外から見えるボディのデザイン、インテリアのデザイン以外は99%同じでなのです。

まず土台となるプラットフォームですが、先代モデルでは新MCプラットフォームと呼ばれる小・中型モデル用のプラットフォームが使われていたのに対して、4代目モデルではTNGA-Cプラットフォームというものが使われています。

TNGA-Cプラットフォームはトヨタが新しく打ち出したTNGAプラットフォームの1つです。

TNGAプラットフォームとは1つのプラットフォームを作り、それをいろいろなモデルに無理やり当てはめて使うのではなく、例えばですが「フロント部」「キャビン部」「リヤ部」と分けてそれぞれにいろいろなパターンのプラットフォームを作り、車にあわせて組み替えることでいろいろなプラットフォームを作りましょうという概念です。

分かりやすくいうと例えば・・・

フロント部:A型エンジン搭載用・B型ハイブリッドシステム搭載用・エンジン縦置き用
キャビン部:ショートホイールベース用・ロングホイールベース用・センタートンネル付FR用
リヤ部:トーションビームサスペンション用、ダブルウィッシュボーンサスペンション用、低床ワゴン用

といったようなものをそれぞれに作り、新しく発売する車の性質にあわせて組み替えて、

「A型エンジン搭載用」+「ショートホイールベース用」+「トーションビームサスペンション用」を組み合わせて安価なハッチバックモデルを作るとか
「B型ハイブリッドシステム搭載用」+「ロングホイールベース用」+「ダブルウィッシュボーンサスペンション用」を組み合わせてハイブリッドモデルを作るといった形で1つのプラットフォームを作るということです。

その組み合わせにAタイプとかCタイプなどがあり、それをTNGA-AとかTNGA-Cと呼んでいるだけです。

こういった考え方は既にフォルクスワーゲンやルノー日産で頻繁に使われていて、それ自体は珍しいことではないのですが、トヨタは実はTNGAを改めて提唱する以前にも同じことをやっていました。

それは既にいろいろな車用に作られたプラットフォームを切り貼りして、新しいモデルにあったプラットフォームを作るというもので、これまでもトヨタ・ダイハツのモデルにたくさん利用されてきました。

要するに切り貼りして1つのプラットフォームを作るということですから、TNGAの概念と全く同じということになるわけで、例えるなら最初から切り離せるようにミシン目を入れてあるのがTNGAの概念、ミシン目がないのがそれまでのトヨタのプラットフォームづくりということなのです。

そのTNGA-Cが新たに採用されたということになっていますが、概念や呼び名は違えども新MCプラットフォームとほぼ同じものを使っていて、唯一違うと言えばリヤサスペンションが安価なトーションビームからダブルウィッシュボーンサスペンションになったことぐらいでしょうか。

それ以外はTNGA-Cと名前が変わっても同じです。

次にパワーユニットですが、トヨタのハイブリッドモデルのパイロットモデルとして作られている車ですので、ハイブリッドシステムが搭載されているのは当たり前ですが、エンジンとの組み合わせを見ると1.8リッターミラーサイクルの2ZR-FXE型エンジンに1NM型電気モーターの組み合わせとなり、エンジンは同じものの電気モーターに違いがありますが、1NM型電気モーターは先代モデルで使われていた3JM型の消費電力少量版として改良されたものですので基本は同じで、エンジンとハイブリッドシステム自体は全く同じといっていいでしょう。

ただ、より燃費性能を向上させるべく制御プログラムを変えたことでそれに合わせてエンジンも電気モーターもパワーダウン、システムパワーも2代目プリウスに迫るぐらいの122psしか発揮できなくなっています。

それとハイブリッドシステム用のバッテリーが一部でリチウムイオンバッテリーに代わっています。

それから今回のモデルで初めて、E-FOURと呼ばれる電気式スタンバイ4WDシステムを搭載した4WDモデルが追加されました。

総じて見ると先代モデルとの違いは・・・

・リヤサスペンションがダブルウィッシュボーンサスペンションになった
・電気モーターが変更になった
・パワーダウンした
・スタンバイ式4WDモデルがある
・リチウムイオンバッテリー搭載モデルがある

といったことだけで、あとはほぼ同じものです。

希望のプリウスが簡単に手に入る、最も確実な方法とは!?

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うプリウスを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったプリウスが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったプリウスを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車をあと17万円高く売る、おそらく1番確実な方法がコレ!!

新しい中古車を新車でも中古車でも買おう思った時、ほとんどの人が、何も考えずに、これから買う車の販売店で下取りしてもらっていることだろう。

でも、ちょっと待った!!

それ、相当損してますから・・・。下手したら60万円くらい損してるかも・・・
今一度、冷静になって、考えて見てみることを強くオススメする。

下取りなんて、車購入資金の何の足しにもならないのだから・・・

ただただ愛車がかわいそう。
例えるなら、ブックオフで本を売るくらい、ほとんどお金にならない(笑)

では、どうすればいいのか!? それについてお話しよう。

私がおすすめするのは、「かんたん車査定ガイド」というサービスだ。

愛車の査定額が平均17万も高くなった、という実績がある通り、1番高く愛車を売りたいならぜひ試してもらいたいサービスなのだ。

平均17万円も高い査定額を手にしたら(平均だからね)、、40万や60万もの差がでることもザラだから、夢が広がるばかり・・・
17万円もの棚ぼたの臨時ボーナスを手にしたら、どうするか想像してみるといいだろう。

自分なら・・・

・グレードの高いタイヤやホイール、冬ならスタッドレスタイヤを買う
・少しグレードの高いカーナビやスピーカーを取付ける
・家族で沖縄旅行にいく
・娘にピアノを買ってあげる
・高級料理店で贅沢する
・最近ガタがきはじめた家電をごっそり買い換える
・10年目の結婚の節目に奥さんにサプライズプレゼントする
 などなど

みなさんにも、まずはその部分をイメージしてもらいたい。

さて、このサービスをオススメする理由だが、日本を代表する大手買取業者(最大10社)がこぞって、しのぎを削って査定してくれるわけだから、高額査定してもらえる可能性はかなり高いわけだ・・・どの業者も必死だからね。。。

さらに最近は、昔ほどしつこい電話連絡もほとんどなくなったし、もし電話が来たとしても、「他社が●●万円だから」というだけで、手が出せない業者は大人しくしっぽ巻いて帰っていくだけだから。。

それでも下取りに出した方が断然ラク・・・というお金持ちの人にはオススメしないが、そんな高額査定の可能性を秘めているから、試してみても損することはないだろう。

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

Topics

【概要】
「4代目モデルと3代目モデル、どこが変わったかなんて、見りゃわかるでしょ?ぜんぜん違う車じゃん!」 こう思った方は、残念ですが完全のトヨタの術中にはまっており、だまされています。 確かに2台のプリウスを並べて比べてみると、明らかに違う車に見…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.