プリウス高価買取のポイントは?

将来、プリウスを高い金額で売るには中古車販売店でプリウスの中古車を買う人の身になって、どういった状態のものであれば高い価格が付いていたとしても買おうという気になるでしょう。

それは故障がないことです。

プリウスは既に4代目モデル発売されていて、現在までに3回のフルモデルチェンジ、更にそれに加えて複数回のマイナーチェンジ、小変更、一部変更などが行われてきて、不具合のあるところ、使い勝手の悪いところはどんどん改良されてきています。

しかし、ある部分だけは2代目モデルからほとんど変わっておらず、トラブルもほとんど減っていない部分があるのです。

それがハイブリッドシステムです。

プリウスを代表とするトヨタのFFハイブリッドモデルには、2代目モデルからTHS-IIというハイブリッドシステムが搭載されています。

このシステムは燃費性能を向上させる能力は高いものの、あまりにもそれに特化したつくり、そしてコストダウンをした結果、とにかく故障が多いのです。

充電・放電ができなくなるバッテリー、発熱するインバーター、突如シャットダウンするコンバーター、度重なるハイブリッド警告灯の点灯、フェイルセーフとたくさんの故障事例が出ています。

どの症状も修理をするとなると最低でも30万円ぐらいはかかるものばかりですので、一度でも故障が出ただけで、最悪乗り換えた方がいい場合も出てきます。

それではトヨタも面目丸つぶれということでハイブリッドシステムに関わる部分の保証である、特別保証を5年または10万キロまでとすることで何とか対応したのです。

そのかいもあって、新車で多発しているハイブリッドシステムがらみの故障をすべて保証でまかなうことができていてお金が一切かからないことからオーナーの不満爆発も抑えることができています。


【スポンサードリンク】

しかし、この状態を保っていられるのはあくまでも保証が有効で壊れても数十万円にもなる修理費用が掛からない場合で、それがもしなくなったらそうはいかないでしょう。

それが中古車としてプリウスを買ったパターンです。

中古で買ったとしても初年度登録から5年以内、10万キロ以下で所定の手続きを行えば、新車保証を受けることができるようになりますが、中古車を買った方でそこまでする方はほとんどなく、「壊れたら即廃車」といった気構えで乗っている方が大半でしょう。

こういったことからもわかるかと思いますが、中古車を買う人が求めているもの、すなわち中古車市場が求めているプリウスは故障の発生確率が低いものということなのです。

とはいっても故障確立など数字で出せるものではないので、一番単純な年式と走行距離で判断します。

一概には言えませんが、比較的いい買取金額になるのは3年落ち以下、走行距離5万キロ以下といったところでしょう。

実はこの年式、走行距離を超えたあたりから極端に故障件数が増え始めていることがわかっており、言うなればこの数字がこの車が健全な状態でいられる限界ということになります。

中古車を買う方はいろいろと勉強をしているのでそういったことは承知の上です。

壊れそうなプリウスはいくら状態が良くても、いくら安く売られていても買う人はほとんどいません、いるとしたら車に詳しくない人、プリウスの性質を知らない方だけです。

いろいろな方にたくさん買ってもらえれば中古車市場での価値が高まり、間接的に買取金額も高くなるということになりますから、プリウスの高価買取術はとにかく短期間・短走行距離の時点で売りに出し、故障する確率がまだ低いことをアピールすることだと思います。

それからボディの歪みによる異音や直進安定性の欠如が出るのも3万キロあたりからとなりますので、それがはっきりとわかるような状態ですと高価買取は難しいでしょう。

トヨタの販売戦略によってあたかも大人気となっているように思われているプリウス、中古車市場では故障が多いことから思ったほど人気が出ていないと理解しておくことも必要です。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
将来、プリウスを高い金額で売るには中古車販売店でプリウスの中古車を買う人の身になって、どういった状態のものであれば高い価格が付いていたとしても買おうという気になるでしょう。 それは故障がないことです。 プリウスは既に4代目モデル発売されてい…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.