プリウスの車検はガソリン車と違うの? 唯一の違いは車検前点検・・!?

ハイブリッドカーだからといって車検が普通のガソリンエンジンモデルと違うということは全くありません。

期間も初回は3年目、それ以降は2年毎ですし、車検のチェック項目も全く同じです。

費用的にも

車検整備:30000円から50000円ぐらい
自動車重量税2年分:24600円(エコカー減税無し)
自賠責保険料2年分:25830円
代行手数料:15000円から25000円ぐらい

といった形で1.3トン前後のガソリンエンジンモデルと何一つ変わりません。

ただ、1つだけ大きく違うのが車検整備で車検のチェックポイントとは違うところで故障が見つかった場合です。

プリウスはトヨタのハイブリッドシステムであるTHS-IIが搭載されているモデルで、このハイブリッドシステムが搭載されているハイブリッドモデルは故障が多いことで有名、特にこのプリウスとアクア、CH-Rは故障発生率トップ3と呼ばれていてとにかく故障が多く出ます・・・というとよく「販売台数が多いから目立つだけ」などという方がいますが、ここで言っているのは故障発生件数ではなく、故障発生率ですので販売台数は全く関係ありません。

とにかくよく壊れるということです。

主にハイブリッドシステムに関わる部分、ハイブリッドバッテリーやインバーターなどが壊れてしまうことが多いので、仮に車検専門店とかカー用品店で車検を行っても、車検自体は通すことはできてもその後、またトヨタのディーラーで修理をしなければなりません。

ハイブリッドシステムは高圧電気を使うもので、構造も特殊なために修理にしても点検にしても一般的な修理工場ではなく、トヨタ系のディーラーでしか扱うことができないのです。


【スポンサードリンク】

また、もろにハイブリッドシステムが故障しているのではなく、それに関連するエンジンなどに故障があった場合も多くはトヨタのディーラーで直すことなります。

エンジン周りの故障であれば、それほど大きなトラブルでなければ車検を受けた整備工場で直すことも可能かもしれませんが、オイルシールからのエンジンオイル漏れなど車検に引っかかる故障で、エンジンを降ろさなければならない、ハイブリッドシステムを取り外さなければならない、トランスミッションを取らなければならないといったことになるとトヨタ系のディーラー以外では基本的にお手上げとなります。

となると一番いいのは最初からトヨタ系のディーラーで車検を受けるのがいいということになりますが、ディーラーでの車検、特にトヨタ系ディーラーので車検は修理費用を除いて車検整備費用がかなり高く、どこにも故障がトラブル、補充、調整する部分がなかったとしても車検専門店などの倍以上の車検費用が掛かることがほとんどです。

なのでこういった形で行うのが一番安く済むかもしれません。

まずはトヨタ系のディーラーで24か月法定点検をしてもらいます。

その時にあちこち点検してもらい、調整すべきところは調整して、補充するものは補充して、そしてハイブリッドシステム周りが壊れていた場合もその場で直してもらいます。

トヨタのハイブリッドモデルのハイブリッドシステムは、新車から5年間または走行距離10万キロまで補償対象となっているので1回目や2回目の車検時の点検の際に故障が見つかった場合はすべて無償修理となりますのでこの時点では点検費用だけの出費となります。

この時点で故障している可能性はなくなり、調整や補充などもする必要がないことが確認できますので、あとは車検専門店などで車検を通すだけの一番安いプランで車検を受けるといいでしょう。

点検を受けたついでにディーラーで車検を受けるのが手間としては一番楽ですが、点検修理はディーラーで、車検は車検専門店で行うといった形を取ることで3万円から場合によっては5万円ぐらいの節約ができます。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ハイブリッドカーだからといって車検が普通のガソリンエンジンモデルと違うということは全くありません。 期間も初回は3年目、それ以降は2年毎ですし、車検のチェック項目も全く同じです。 費用的にも 車検整備:30000円から50000円ぐらい 自…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.