プリウスの走行性能は? ※スポーツ走行が自殺行為の理由は!?・・・

プリウスという車は、いろいろなことを我慢してまでもガソリン代の節約をするために乗る車ですので、走行性能もかなり我慢しなければなりません。

まずはシャシーですが、4代目モデルになってリヤサスペンションがFF廉価モデル用のトーションビームからダブルウィッシュボーンサスペンションへと変更になりました。

ダブルウィッシュボーンサスペンションは、独立懸架であるためロードホールディング性や乗り心地の向上を実現できる構造を持っているもので、スポーツモデルや高級車両などに採用されています。

そういったサスペンション構造に変更されたことで鈍重でバタバタしたいかにも安っぽいFFモデルならではの走りから多少は良くなったかと期待してしまいますが、そういった思いをもってこの車に乗るとかなりがっかりすることになります。

まっすぐ走る分にはいいのですが、ひとたびコーナーに飛び込むと「この車ってミニバン?」と思うほど大きなロールが襲ってきます。

そのままコーナーリングを続けていくと終始アンダーステア状態が続き、アクセルペダルを少しでも踏むとフロントが更に逃げ始めてしまうのです。

これくらいまで突っ込むと危険と判断されるのかすかさずS-VSCが介入してきて、不自然な動きになったうえで無理やり立ち直るといった形になりますがこういった走りになってしまうのはシャシーとサスペンション構造が軟に作られていること、バッテリーという重量物が詰まれていること、そしてサスペンションセッティングが乗り心地重視になっていることがあげられます。

この車も他のトヨタ車、ダイハツ車と同じように徹底的なコスト削減策が取られていて、丈夫に作られるべきシャシーやフレーム、ボディなどに単価の安い鋼材が使わ、更に使用量を少なくするための薄くされてしまっているのです。

それによっていわゆるボディ剛性というものが極端弱くなってしまい、サスペンション動く前にボディ自体がたわんでサスペンションのようになってしまうことから4つのタイヤが正常に働くことができなくなってしまうのです。

何やら溶接の数が増やされて先代モデルより上部になったなどといわれていますが、素材自体が薄くて軟である以上、それら同士をつなげるための溶接個所を増やしても何の意味もありません。


【スポンサードリンク】

更にこの剛性の無さはサスペンションアームにおいても同じですので、サスペンションアームが上下動するのではなく、サスペンションアーム自体がフニャフニャと曲がりスプリングの役目をはたしてしまうために乗り心地はいいですが、しっかりとボディを支えることができないため、サスペンション構造だけで見ても剛性感がなく腰砕けになってしまいます。

そして更にコイルスプリングのスプリングレートやショックアブソーバーの減衰力も乗り心地重視であるため柔らかい設定となっていることも腰砕け感を助長しているといえるでしょう。

ただ、軟なボディ、軟なサスペンション、軟なサスペンションセッティングということであればかなり低いレベルでバランスがとられていることになり、大衆ファミリーカーとしての走行性能を持っているといっていいですが、このモデルにはエンジンやハイブリッドシステムといった重量物の他にリヤ周りにもう1つ、大きな重量物であるハイブリッドバッテリーが鎮座なさっていることで全体的に重くなり、それが軟な作りをされている車体全体にミスマッチなのがいただけません。

重たいものを柔らかいもので支えようとするとどうしてもグラグラしてしまいますが、それがプリウスでは走っている間中、ずっと起きているということになるわけです。

どう見てもまともに走れる気はしません。

結論を言うとプリウスは低速域のスピードでまっすぐ走るのに向いている車で少なくとも高速道路の追い越し車線をすっ飛ばしたり、峠道を走るような車では似ないようです。

スポーツ走行などもってのほか、自殺行為です。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
プリウスという車は、いろいろなことを我慢してまでもガソリン代の節約をするために乗る車ですので、走行性能もかなり我慢しなければなりません。 まずはシャシーですが、4代目モデルになってリヤサスペンションがFF廉価モデル用のトーションビームからダ…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.