プリウスの種類とグレード! ※4WDモデルを追加した驚きの理由とは・・・

プリウスには駆動方式の違いとグレードによって、複数のモデルが用意されています。
まずはグレード構成ですが、基本となるグレードは、

・Eグレード
・Sグレード
・Aグレード
・Aプレミアムグレード

の4グレードとなり、Eグレードを除いたSグレード・Aグレード・Aプレミアムグレードには、「ツーリングセレクション」と呼ばれるサブグレードが用意されています。

全てのグレードは装備の有無によって差別化されていることになっているので、走行性能や動力性能など自動車にとって一番大事な部分に関わるところに違いは全くありません。
要するに最近のトヨタやダイハツがよくやるコストをかけずに、表面的なバリエーションを増やす方法がとっているということです。

具体的なスペックの数字も全て同じですが、燃費性能だけは車両重量の違いからEグレードだけが最大40.8km/Lとなっています。

グレードによる装備の違いですが、最廉価グレードのEグレードを基本として、それに・・・

・リヤスタビライザー
・フロント部フロアアンダーカバー
・フロントドアガラスの撥水機能
・リヤワイパー
・合皮製ステアリングホイール
・上級ファブリックシート
・運転席6ウェイシート
・シートバックポケット
・リヤセンターアームレスト
・フロントコンソールトレイ
・大型コンソールボックス
・トノカバー
・6スピーカー

の装備に

・チルト&スライド電動ムーンルーフ
・スペアタイヤ
・LEDフロントフォグランプ
・ナビレディセット(バックカメラ・ステアリングスイッチ)

のオプション設定をしたのが標準グレードとなるSグレード

さらにそのSグレードに

・フロントドアガラスのスーパーUVカット機能
・オートワイパー
・Toyota Safety Sense(旧Toyota Safety Sense P)
・ブラインドスポットモニター
・インテリジェントクリアランスソナー
・シンプルインテリジェントパーキングアシスト
・カラーヘッドアップディスプレイ
・フロント足元照明
・おくだけ充電機能

の装備に

・T-Connect SDナビゲーションシステム

のオプション設定をしたのが上級グレードのAグレード

さらにそのAグレードに

・本革シート
・運転席8ウェイパワーシート
・電動ランバーサポート(運転席)
・快適温熱シート(運転席・助手席)
・ナノイー機能付オートエアコン
・アクセサリーコンセント

を追加したのが、最上級Aプレミアムグレードになります。

サブグレードのツーリングセレクションについては基礎グレードによって多少の違いはありますが、基礎グレードの装備に

・215/45タイヤに17インチアルミホイール
・専用リヤバンパー
・合皮(または本革)シート
・快適温熱シート

などの装備が追加されます。


【スポンサードリンク】

駆動方式はFFと4WDが用意されていますが、最廉価グレードのEグレードだけはFFしか選ぶことができません。

FFモデルの他に4WDモデルが用意されるのは4代目モデルが初めてで、FFベースの電気式スタンバイ4WDシステムであるE-FOURが搭載されています。

このシステムはもともと大型ミニバンであるアルファード・ヴェルファイア兄弟車やエスティマに搭載するために考えられたものだったのですが、開発のきっかけは4WD化ではなかったことから偶発的に4WDシステムになってしまったというちょっと面白い経緯を持つシステムです。

構造としてはリヤ駆動用の電気モーターをもう一つ搭載して、その電気モーターの駆動制御をすることで疑似的な4WD状態を作るといった形になります。

あくまでも生活4WDモデルですので、悪路や雪道をガンガン走るといったようなものではなく、軽自動車やコンパクトカーなどに用意される4WDモデルと同じようなものと考えるといいでしょう。

要するに降雪地域での販売台数を伸ばすために「4WD」という文言を使いたいがために作ったモデルといえます。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
プリウスには駆動方式の違いとグレードによって、複数のモデルが用意されています。 まずはグレード構成ですが、基本となるグレードは、 ・Eグレード ・Sグレード ・Aグレード ・Aプレミアムグレード の4グレードとなり、Eグレードを除いたSグレ…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.