プリウスの乗り心地は? ※装備、居住性、積載性を徹底検証・・・

乗り心地に関しても走行性能同様で、プリウス自体がそれを求める車ではないため褒められたものではありません。

サスペンション構造がダブルウィッシュボーンサスペンションになったといっても大衆ファミリーカーならでは無難なものでしかありません。

実用面に関してもキャビンは決して広くありませんが、4人で乗る分には問題ないでしょう。

ただし、燃費性能優先のボディ形状を持ち、ルーフがリヤハッチにかけてかなり低くなっているため、リヤシートに座る人のヘッドクリアランスがあまりなく、座高の高い人が後ろに乗るとルーフが気になってリラックスして乗ることができなくなる可能性があります。

インパネ周りに関しては子供だましのセンターメーターを採用しているため、すべての機能がセンターパネルに集中してごみごみしている割にはステアリングホイールの根元には無駄なスペースがぽっかりとあいた形となっており、効率の悪い配置となっています。

シート形状はフロントシートはわずかにサイドサポートが張り出すようになっていることから大衆ファミリーカーレベルのコーナーリングスピードであればお尻や肩が左右に動いてしまうとうことはないようですが、リヤシートは可倒機能が付けられているせいかヴィッツやアクアといったコンパクトカーと同じレベルといった程度でほぼフラットな形で体が落ち着きません。

それと積載能力ですが、本来であればセダンモデルですので独立したトランクを持つはずなのですが、2代目モデルからハッチバックセダンという中途半端なボディ形状を採用して引っ込みがつかなくなってしまったことからキャビンの一角にラゲッジスペースという形で荷物置き場を作る羽目になってしまいました。

このラゲッジスペース、はっきり言って使い物になりません。

幅はそこそこあるものの、フロア面が高いことと低いルーフからつながる低いハッチバックによって高さを確保できず、更に奥行きもリヤシートの存在が邪魔をして、リヤシートを立てたままですと大きな荷物を積むことはできません。


【スポンサードリンク】

荷物を積むことを重視したいのであればプリウスではなく、プリウスαかカローラフィールダーのハイブリッドモデルを買った方がいいかもしれません。

トータルで見るとプリウスの乗り心地、使い勝手、実用性は格下モデルのカローラアクシオと同等か、それ以下でしょう。

ハイブリッドモデルを購入して、日常使いの車として、また休日のレジャーや買い物用の車として使うにはプリウスは買うべき車ではないでしょう。

それもそのはず、この車は一応、大衆ファミリーカーとして作られてはいるものの、汎用性、実用性、多様性など大衆車にとって絶対不可欠な要素よりも、燃費性能の向上を重視した車であるため、大衆ファミリーカーとしての性能すら持ち合わせていない車なのです。

それを巧みな販売戦略とメディアをうまく利用することで大衆ファミリーカーのみならず、高級車として売っているのでいろいろなところに無理や不満が出るのも当然でしょう。

実用性を考えるのであれば、カローラアクシオ、カローラフィールダーのハイブリッドモデル、同じハイブリッドシステムを搭載している中型ミニバンのノア三兄弟などを買った方がいいと思います。

とにかくプリウスという車は普通の車ではなく、「トヨタにハイブリッドカーあり!」ということを世界に知らしめるために作られたパイロットモデルですから、実用性など持っているはずがありません。

半ば、モーターショーなどに出展される見えるところだけ作り込んでいるコンセプトカーのようなものですから中身などなくて当然と思ってください。

それを現実社会で使うわけですから、使い勝手や実用性などに期待をかけてはいけないのです


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
乗り心地に関しても走行性能同様で、プリウス自体がそれを求める車ではないため褒められたものではありません。 サスペンション構造がダブルウィッシュボーンサスペンションになったといっても大衆ファミリーカーならでは無難なものでしかありません。 実用…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.