【プリウス】新車購入時の注意点は!

レクサス店では3代目モデルがCT200hとして販売されているだけで現行モデルを買うことはできませんが、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4店舗で購入することができます。

5店舗あるうちの4店舗で買えるということですが、それだけでもトヨタがどれだけこのプリウスに力を入れているのかがよくわかると思いますが、実は2018年の現状ではあ藻ったほどの売れ行きがありません。

そもそもプリウスはこれまで4つのモデルを作って販売してきましたが、皆さんが思うような大ヒットモデルとなったのはエコカー補助金が使えるということだけで注目を集めていた3代目モデルだけで、それもエコカー補助金の廃止と共にだんだん人気も販売台数の少なくなっていました。

そして4代目モデルにおいてもモデルチェンジをしたことで注目を集めましたが、デザインこそ斬新(?)なものの、内面は3代目モデルを煮詰めなおしただけのものであることがわかると一気に人気が落ちてしまいました。

現在のトヨタディーラーでもそれまでの勢いがありません。

3代目モデルが売れに売れている時期などディーラーに客が訪れてプリウスの商談に入って値引き交渉の段階になると、一切の値引きをすることもなく、オプションをつけても全く値引きをしないといった状態になったものでした。

その段階でさらに値引きを求めるとまるで「値引きを求めるぐらいなら売ってやらないよ!」といわんばかりに、鼻で笑われながら値引きを簡単に突っぱねたり、もっと安い車をすすめるぐらいの強気な営業をしていました。

それが今はどうでしょう、商談に入って見積書の作成に入った段階で何も言わなくても10万円から15万円ぐらいの値引き額が書かれる始末で、更に値引きを求めても意外と簡単に40万円ぐらいの値引きをさせることが可能になっています。

オプション品をつけることによる値引きも最大で20万円ぐらいまで可能で、最高で60万円分の値引きを得ることができるようになりました。

確かに同じトヨタでもこのプリウスの他にアクアやカローラシリーズ、C-HR、ヴィッツ、オーリスなど同等レベルのハイブリッドモデルがたくさんありますし、ホンダのフィットやヴェゼル、グレイス、シャトル、ジェイド、日産のノートe-POWERなどに多様なモデルがたくさんありますので、3代目モデルが発売された時のような「殿様商売」をしていたらさすがのプリウスも売れなくなってしまいます。

そうでなくても故障の他に、安全装備であるToyota Safety Sense、ならびにToyota Safety Sense Pが機能せず、死亡事故を防ぐことができなかったり、逆に変なところで機能してしまったことによって事故を誘発してしまうことがわかったことでプリウスの安全装備に対する不信感が出たことで売り上げが激減しているので、なかなか強気にはなれないでしょう。

値引きについては今が一番いい時かもしれません。

次に車を買う時に行う試乗の際に気をつけてみていただきたいのが、動力性能と使い勝手です。
プリウスはトヨタのハイブリッドモデルの広告塔、パイロットモデルとして作られている車であるため、同社のノア三兄弟とかカローラシリーズとかもともとその車が持っている使い道を邪魔しない形でハイブリッド化されたようなものとは違って、特に何かがずば抜けて優れているというものは持ち合わせていません。

しいて言えばハイブリッドモデルのパイロットモデルとしての最大の役目となる燃費性能が優れている点だけです。

それ以外のところ、例えば動力性能ですがスタートダッシュこそ低回転トルクのある電気モーターのおかげで鋭い加速をしているように思えますが、実際にはそこまで鋭くなく、スピードが上がるにつれて頭打ち感を感じるようになります。

それからキャビンも空力抵抗を減らすためとデザインの斬新さを狙うために無理してルーフ高を低くしていますので、思ったほど広くなく、それなら格下モデルとなるカローラ・アクシオのハイブリッドモデルの方が広く使えますし、トランクも独立しているので使いやすいと思います。

実際に運転してみて、乗り降りをしてみて、荷物を積んでみて果たしてそれだけの性能で満足が行くのか、実生活で使うことができるのかということを考えていただきたいと思います。

場合によっては他のモデルにすることも念頭に入れておかなければならないでしょう。

希望のプリウスが簡単に手に入る、最も確実な方法とは!?

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うプリウスを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったプリウスが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったプリウスを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車をあと17万円高く売る、おそらく1番確実な方法がコレ!!

新しい中古車を新車でも中古車でも買おう思った時、ほとんどの人が、何も考えずに、これから買う車の販売店で下取りしてもらっていることだろう。

でも、ちょっと待った!!

それ、相当損してますから・・・。下手したら60万円くらい損してるかも・・・
今一度、冷静になって、考えて見てみることを強くオススメする。

下取りなんて、車購入資金の何の足しにもならないのだから・・・

ただただ愛車がかわいそう。
例えるなら、ブックオフで本を売るくらい、ほとんどお金にならない(笑)

では、どうすればいいのか!? それについてお話しよう。

私がおすすめするのは、「かんたん車査定ガイド」というサービスだ。

愛車の査定額が平均17万も高くなった、という実績がある通り、1番高く愛車を売りたいならぜひ試してもらいたいサービスなのだ。

平均17万円も高い査定額を手にしたら(平均だからね)、、40万や60万もの差がでることもザラだから、夢が広がるばかり・・・
17万円もの棚ぼたの臨時ボーナスを手にしたら、どうするか想像してみるといいだろう。

自分なら・・・

・グレードの高いタイヤやホイール、冬ならスタッドレスタイヤを買う
・少しグレードの高いカーナビやスピーカーを取付ける
・家族で沖縄旅行にいく
・娘にピアノを買ってあげる
・高級料理店で贅沢する
・最近ガタがきはじめた家電をごっそり買い換える
・10年目の結婚の節目に奥さんにサプライズプレゼントする
 などなど

みなさんにも、まずはその部分をイメージしてもらいたい。

さて、このサービスをオススメする理由だが、日本を代表する大手買取業者(最大10社)がこぞって、しのぎを削って査定してくれるわけだから、高額査定してもらえる可能性はかなり高いわけだ・・・どの業者も必死だからね。。。

さらに最近は、昔ほどしつこい電話連絡もほとんどなくなったし、もし電話が来たとしても、「他社が●●万円だから」というだけで、手が出せない業者は大人しくしっぽ巻いて帰っていくだけだから。。

それでも下取りに出した方が断然ラク・・・というお金持ちの人にはオススメしないが、そんな高額査定の可能性を秘めているから、試してみても損することはないだろう。

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

Topics

【概要】
レクサス店では3代目モデルがCT200hとして販売されているだけで現行モデルを買うことはできませんが、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4店舗で購入することができます。 5店舗あるうちの4店舗で買えるということですが、それだけで…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.