【プリウス】バッテリーの寿命は?

ハイブリッドモデルであるプリウスには構造上、2つのバッテリーが載せられています。

ハイブリッドバッテリー

ハイブリッドバッテリーはハイブリッドシステムの根幹となるもので、駆動用電気モーターの駆動とハイブリッドシステムの一部の電源として、また発電機で発電された電気を蓄えるものとして搭載されています。

4代目モデルではEグレード、Aグレード、Aプレミアムグレードでリチウムイオンバッテリーが、Sグレードと4WDモデルすべてにニッケル水素バッテリーが用いられています。

どちらのバッテリーも基本は交換不要で少なくとも新車から5年、走行距離10万キロまではもつように作られています。

5年、10万キロという具体的な数字がどうしてわかるのかというとそれはトヨタがハイブリッドシステムに適用した保証期間がそうであるからです。

ならばしばらくの間は心配する必要がないということになりますが・・・そううまくいかないのがトヨタのハイブリッドシステムTHS-IIなのです。

とにかくバッテリーがらみの故障が多い!
充放電ができなくなる、異常に熱を落ちフェイルセーフモードになってしまうといった故障がとにかく多いのです。

たぶんほとんどの方が知らないことでしょう、プリウスを持っている方でもプリウス1台だけで見たら1回程度しか壊れないので、故障が多いとは理解していないぐらいですし、そういった悪評が外に出ないような仕組みがあるため広く知られることがありませんのでそうもなります。

しかし、プリウス・・・いや、THS-IIを搭載したハイブリッドモデル全体で見たらかなりの頻度でハイブリッドバッテリーを股間する事態になっているのです。

いい加減なWebサイトなどを見ると「10万キロは無交換」とされていることが多いようですが、それはうわべだけの薄っぺらい知識しか持っていない方の意見で、実際はバッテリーが寿命を迎える前に故障でバンバン交換されています。

それまでメモリー効果が強く出るニッケル水素バッテリーだけだったから故障が頻発していたのだとばかり思っていましたが、4代目モデルになってリチウムイオンバッテリーが部分的に採用されるようになってからも相変わらず多いので、原因はどうやらバッテリーの性質ではなく、THS-II自体の不具合、仕様であることがわかります。

修理方法はバッテリーを交換することで行いますが、最近では質の良いリビルト品が出回るようになりましたので、必ずしも新品でなくそれを利用するのも手だと思います。

新品部品を使用して約30万円、リビルト品を使って20万円ぐらいの費用が掛かります。


【スポンサードリンク】

補機バッテリー

ハイブリッドモデルにはハイブリッドバッテリーの他に12Vのバッテリーも搭載されています。

ガソリンエンジンモデルと同じように電装品やシステム起動に使われる電気を賄っているバッテリーです。

補機バッテリーといってもハイブリッドバッテリーのように特別なものではなく、いわゆる鉛バッテリーなどといわれる普通の12Vバッテリーが使われています。

ただエンジンが止まっている時間が長く、ハイブリッドバッテリーからの充電も頻繁に行われることが多いので負担がかかり、その負担に耐えられるようにとエコ規格のバッテリーが使われています。

4代目モデルではエコ規格のLN1型というものが使われていますので、パナソニックやユアサバッテリー、ボッシュなどのバッテリーラインナップからLN1型のバッテリーを選んでそれに付け替えることで容易に交換できます。

ただ、補機バッテリーから電気が止まることでシステムのメモリーがクリアされてしまうことがありますので、バックアップを取りながら交換するとか、リセット作業を行う必要も出てくる可能性があります。
なので知識がない場合はディーラーで交換してもらうといいでしょう。

交換頻度はガソリンエンジンモデルに搭載されているバッテリーより負担がかかるため短命ですので、最低でも2年に1回ぐらいの割合で交換するといいでしょう。

費用は純正バッテリーを使って3万円ぐらい、市販品を使って15000円ぐらいとなります。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均14万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ハイブリッドモデルであるプリウスには構造上、2つのバッテリーが載せられています。 ハイブリッドバッテリー ハイブリッドバッテリーはハイブリッドシステムの根幹となるもので、駆動用電気モーターの駆動とハイブリッドシステムの一部の電源として、また…

HOME

Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.