【パッソ】新型パッソについて

パッソは現行モデル3代目モデルとなりました。

3代目モデルが発売されたのは2016年、約6年ぶりのフルモデルチェンジによって生まれました。

3代目モデルにおいても先代モデルのコンセプトを継承した形で作られているわけですが、今回のモデルになって大きく変わったところがあります。

その一つは、エンジンが1リッターエンジンだけとなったこと、それまでのパッソは、1リッターエンジンモデルの他に1.3リッターエンジンモデルもあり、選択肢があったのですが、今回は1リッターエンジンモデルだけとなりました。

これはトヨタのコンパクトカーの数が多く、用途としてもコンセプトとしてもかなり重複する点が多かったためで、1リッターエンジンモデルはこのパッソとヴィッツだけでしたが1.3リッターエンジンを搭載するコンパクトカーは、パッソ、ヴィッツ、ラクティス、ポルテとかなり多かったわけです。

特にポルテとは女性向けといった方向性まで同じものを持っていたので、エンジン排気量で差別化を図ろうという形になったわけです。

それからもう1つ、このモデルからダイハツのOEM車になったことです。


【スポンサードリンク】

パッソは、初代モデル、2代目モデルともに、トヨタの子会社であるダイハツとの共同開発車となっていました。

共同開発といってもトヨタのことですから、確実な利益につながるかどうかわからないような車はお金をかけたがりませんので、企画と販売面以外はすべてダイハツの丸投げした形となっていました。

開発もダイハツ、生産もダイハツといった具合で、この時点でもある意味ではOEM車種といってもよかったのですが、とりあえず資金の流れなどによって共同開発とされていました。

それが今回、資金も含め企画から生産、販売まですべてをダイハツに任し、その車をOEM車、要するの他社の車を自社の車として販売するだけの車としたのです。

ここから見えることはトヨタがこのパッソに対して、期待をしていないということです。

確かに共同開発車からダイハツの車となったといっても、先代モデルと比較しても構造的にほとんど同じものですので、果たしてこれで売れるのかということがあったのでしょう。

それにターゲットも先代モデルまでの老若男女としていたものを今回は女性ドライバーに絞って作ったわけですので、そのターゲット変更も懸念されたのでしょう。

車体に関しては、先代モデルの1リッターエンジンモデルとほぼ同じと思ってよく、エクステリアやインテリアのデザインが少々変わっただけで、非力なコンパクトカーであることには変わりありません。

良質のパッソを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
パッソは現行モデル3代目モデルとなりました。 3代目モデルが発売されたのは2016年、約6年ぶりのフルモデルチェンジによって生まれました。 3代目モデルにおいても先代モデルのコンセプトを継承した形で作られているわけですが、今回のモデルになっ…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.