【パッソ】維持費は1年間でいくらぐらい?

パッソは1リッターエンジンに1トン以下の車両重量、カタログ燃費最大で28.0km/Lといったいかにも維持費がかからないようなつくりになっていますが、実際にはどれだけのお金が一年で必要なのでしょうか。

まず税金ですが、ここではエコカー減税などを省いた本来の税額で見ていきます。

自動車税はエンジン排気量が1リッター以下ということで29500円、自動車重量税は1トン以下ということで2年で16400円、年間82000円となります。

自賠責保険料は一律2年で27840円で年間換算で13920円です。

点検費用ですが、こちらはまだ発売されてからあまり日にちが経っていませんし、大きなトラブルが出る傾向もありませんので、年間で30000円も用意しておけば十分だと思います。

次に車検費用ですが、初めての車検であればほとんど交換する部品もなく、点検程度で済むと思いますので、諸費用を除いた金額で80000円ぐらい用意しておくといいでしょう。

それから自動車保険ですが、こちらはパッソに乗るのがふさわしい、若い女性の方で試算してみると23歳ノンフリート等級6等級で、56000円程度、車両保険を付けて13万円程度、エコノミータイプの車両保険付きで90000円程度といった形になります。

そして一番身近な出費となるガソリン代ですが、120円のレギュラーガソリンで年間10000キロ走行ということで計算してみると、年間で357リッターのガソリンが必要となり、それにかかる費用は43000円となります。

確かに維持費的にはかなりメリットがあるようです。

良質のパッソを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うパッソを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったパッソが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったパッソを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
パッソは1リッターエンジンに1トン以下の車両重量、カタログ燃費最大で28.0km/Lといったいかにも維持費がかからないようなつくりになっていますが、実際にはどれだけのお金が一年で必要なのでしょうか。 まず税金ですが、ここではエコカー減税など…

HOME

Copyright (C) 2015 コンパクトカーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報サイト. All Rights Reserved.