日産ノートの自動ブレーキは使える? ※高速道路では役立たないが・・・

ノートの最大のメリットとなるのが自動ブレーキシステムのエマージェンシーブレーキです。
うれしいことに標準装備となっているため、普及率のかなり高くなっているようです。

このシステムはフロント部につけられたカメラによって得られる映像を解析し、衝突する恐れのある自動車や二輪車、自転車、歩行者などを検知し、現在のスピードで走行した場合に衝突するという判断をした場合、警告や自動ブレーキを作動させるもので同時に車線を検知しその車線からはみ出しそうになると警告を発する車線逸脱警報機能も持ち合わせています。

システムの作動条件はスピードが約10km/hから80km/hで、60km/h以上では走行車両のみの検知となります。

ということは高速道路上での衝突回避には役立たないということです。


【スポンサードリンク】

衝突事故というものは高速道路上より、狭い道路に歩行者や自転車などが入り交ざっている街中の方が起こる件数は多いのですが、一つの衝突事故に対しての被害は高速道路での事故の方が遥かの大きくなるものです。

街中では打撲で済んだものが高速道路では死亡事故に、少しキズが付いたぐらいの事故も高速道路ではそれが横転事故につながり全損扱いになってしまうのです。

そういった中で高速道路では使えない自動ブレーキシステムを搭載する意味はあるのでしょうか。

普段街中しか走らない方であればいいかもしれませんが、高速道路をよく使う方はその場ではあってもなくてもないも変わりがないということになります。

ただ、いらないといってすでについているのでありがたく頂戴しておきましょう。

Topics

【概要】
ノートの最大のメリットとなるのが自動ブレーキシステムのエマージェンシーブレーキです。 うれしいことに標準装備となっているため、普及率のかなり高くなっているようです。 このシステムはフロント部につけられたカメラによって得られる映像を解析し、衝…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.