【ノート】【特集】中古車選びの注意点は?

日産ノートは、中古車市場において今中心的なモデルとなっているのが先代E11型の後半から現行モデルの前半ぐらいまでのものです。

現行モデルの場合はよほどひどいものをつかまない限りひどい車を手に入れてしまったということはほとんどないと思いますが、価格的にかなり安くなってきている先代モデルの場合はかなり長い間販売されていたこともあって結構傷みが激しいものが多いようです。

特に先代モデルは現行モデル以上に大衆車然としており、走行距離が延び、扱いも悪いことからまともなものを探すのが結構難しいようです。

まず気を付けていただきたいのがトランスミッション、このモデルではFFモデルにCVT、4WDモデルにATが採用されているのですが、CVTはご存じ通りどの自動車メーカーのものも耐久性が乏しく年式が古くなればなるほど、走行距離が延びれば延びるほど故障する確率がぐんぐん高くなります。

試乗してみて変なショックがあるとかセレクターレバーの動きと連動するのが遅い取った場合はすぐに壊れる可能性が高く、走るスピード度あわせてうなり音などが聞こえてくるような場合は即壊れるでしょう。

4WDのATに関しても内部のギヤにトラブルを抱える可能性が高いのでそれに関しても試乗した時の音やショック、反応などに気を付けましょう。

現行モデルにおいてもCVTのトラブルが多いのでこちらの場合も時に気を付けなければなりません。

それと一部のスーパーチャージャーエンジンモデルにおいてスーパーチャージャーにトラブルが出ているそうで過給圧が上がらなかったり、異音がする症状があるそうですのでこれも試乗した時に音やパワーの出方などをよく観察しておきましょう。

希望のノートが簡単に手に入る、1番おすすめの方法はコレ!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うノートを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったノートが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったノートを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

平均17万円も高く売れる、納得の方法はコレ!!

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
日産ノートは、中古車市場において今中心的なモデルとなっているのが先代E11型の後半から現行モデルの前半ぐらいまでのものです。 現行モデルの場合はよほどひどいものをつかまない限りひどい車を手に入れてしまったということはほとんどないと思いますが…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.