【デミオ】種類とグレードは?

マツダのデミオは1996年に初代モデルが発売された時は現在のようなコンパクトカーとしてではなく、小型ミニバンとして発売されていました。

ミニバンといっても見た目はコンパクトハッチバックのような姿をしており、シートも2列シートの5人乗りですし、スライドドアを持つようなものではありませんでした。

プラットフォームも小型車用のもの使っていたので、決して広いキャビンを持つ車ということでもありませんでした。

2002年に発売された2代目モデルも同じような形で作られていました。

現行モデル用にコンパクトカーとして作られるようになったのは、2007年発売されたDE系からで、現行モデルはコンパクトカーとしては2代目モデルになります。


【スポンサードリンク】

現行モデルは2014年に発売されたDJ系といわれるモデルで、ボディ自体は全く同じですが搭載されるエンジンによって3つのモデルに分けられています。

1つは先代モデルの後半から使われ始めたP3万円からVPS型と呼ばれる1.3リッターガソリンエンジンを搭載したモデルでグレードとしては13Cグレード、13Sグレード、13Sツーリンググレード、13SツーリングLパッケージグレードが用意されています。

2つ目は当初はメインモデルとして作られていたP5万円からVPS型と呼ばれる1.5リッターディーゼルエンジンを搭載したモデルでXDグレード、XDツーリンググレード、XDツーリングLパッケージグレードが用意されています。

そして後から追加されたモデルとして国内向けとしては新しいエンジンであるP5万円からVPS型と呼ばれる1.5リッターガソリンエンジンを搭載した15MBグレードがあります。

良質のデミオを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
マツダのデミオは1996年に初代モデルが発売された時は現在のようなコンパクトカーとしてではなく、小型ミニバンとして発売されていました。 ミニバンといっても見た目はコンパクトハッチバックのような姿をしており、シートも2列シートの5人乗りですし…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.