タンクの燃費は? ※カタログ燃費は圧倒的に悪く、実燃費はさらに・・・

タンクはガソリンエンジンモデルだけのラインナップで燃費にメリットのあるハイブリッドモデルがありません。

これはライバルであるソリオと大きく違う点でしょう。

当然ながらカタログ燃費は圧倒的に悪く、ソリオが最大で32.0km/Lとなっているのに対して、燃費のいいNAエンジンモデルで最大24.6km/L、燃費に不利なターボエンジンモデルで21.8km/Lとなってしまいました。

これでソリオという存在がなければ、きっとリッターカーの標準的な燃費性能を持っているということになりここまで言われることはなかったのでしょうが、エンジン排気量がもっと大きい燃費に関して不利なソリオがハイブリッドシステムを従えて32km/Lという数字をたたき出しているので、それと比較されることになってしまったわけです。

ただ、タンクの方が後発ですので、ハイブリッドシステムなしでは到底は迎える相手ではなかったのです。

一応、タンクにも様々な低燃費装備が付けられています。

低燃費エンジンの採用、可変バルブタイミング機構、エコアイドルと呼ばれるアイドリングストップ機構、電動式パワーステアリング、CVT、オルタネーター制御などが採用されています。

ガソリンエンジンモデルで付けられるだけの装備を全て取り付けたといった形になりますが、それでもハイブリッドシステムにはどうしても勝つことができなかったというわけです。

これは仕方がないことで、製造元のダイハツにハイブリッドシステムという技術を持っていませんし、親会社のトヨタにも1リッターエンジンに搭載するハイブリッドモデル、重量の軽いハイブリッドシステムがないので付けることができません。

かといってダイハツもトヨタもタンクや兄弟モデルに使うために新たなハイブリッドシステムの開発を行うほど金銭的余裕、時間的余裕がありませんので、もうガソリンエンジンモデルで戦うしかなかったのです。

では実際に購入してそれを日常の中で使うとどれくらいの燃費性能を発揮できるのかということを言ていきましょう。

ここではNAエンジンを搭載したG"S"グレードを使った燃費性能を見ていきます。

ちなみのこのグレードのカタログ燃費は24.6km/Lです。

走行ステージは3カ所、渋滞が全くない快適な高速道路、地方によくある流れのいい幹線道路、渋滞や信号、一時停止などがあちこちにある市街地とします。

高速道路ではクルーズコントロールを使って100km/h巡行をメインとした走りをした時の燃費を測ります。

その時の数字は約18.5km/Lと燃費が一番よくなることが多い高速道路の走行でもすでにカタログ燃費を大きく下回り、約6km/Lほど燃費性能がダウンしています。

こうなる理由はエンジンに余裕がないためです。

たとえば2リッター以上のエンジン排気量を持ち、パワーにも余裕がある車であれば100km/h巡行時にエンジン回転数を低く抑えることができますし、トルクもあるのでまめにアクセルを調整しないで済みますが、1リッターという小さなエンジンをフルに活用してやっと100km/hを維持することができるタンクではどうしてもエンジン改訂数を高く保つ必要があり、ちょっとした坂道や空力特性が悪いことから大きな影響を受ける向かい風などですぐにスピードが落ちてしまうため、どうしてもアクセルの踏み増しが必要になってしまいます。

これが高速道路での燃費の悪さをもたらしているというわけです。

次に流れのいい幹線道路ですが、ここではスピードレンジが低いのでそれほどエンジン回転数が高くなりませんが、どうしてもゴーストップが多くなり、加速時における燃料増量によって燃費を大きく落とすこととなります。

その結果が約16.2km/Lという燃費性能で、ここでもカタログ燃費より約8.4km/Lもダウンしてしまいました。

そして市街地ですが、ここでは長い信号待ち、渋滞、一時停止、急加速、急減速を強いられる燃費計測に一番過酷な場所となりますが、エンジンにかかる負担は思いのほか少なく、停止中はアイドリングストップでエンジンが止まるのでガソリンを無駄遣いすることはないように思えます。

しかし、実際にはパワーの無いエンジンを使って加速させる際に大量のガソリンを必要とするため、アイドリングストップなどで節約したガソリン量よりももっと多くのガソリンを使うため、約16.0km/Lとカタログ燃費より約8.6km/Lほどひくい数字となりました。

平均してみるとだいたい17km/Lぐらいとなりますが、カタログ燃費が24.6km/Lとなっている中でこの数字はやはりトヨタグループの車でよくあるパターンのものといっていいでしょう。


愛車を、あと10万円高く売ることができるって知ってますか?

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。この方法を知らない方、多いんじゃないでしょうか。
正直言うと、かなり損しちゃってます。

その中でも、今回ご紹介するのが「ナビクル車査定」
このサービスを利用すれば、無料で簡単登録するだけで、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえちゃいます。
しかも、車種によっては、もっと高く売れると思いますよ(30~60万円位UPも可能です!)。

オススメの理由は、
全国でCM放送中の「ナビクル」だから安心!(東証一部上場企業のグループ企業が運営!)
完全無料!(もちろん買取しなくても無料!)
登録は45秒で完了!(超カンタン!)
愛車の相場がすぐわかる!(コレは使える!)
最大10社の買取額を比較できる!(あとは1番高いところを選ぶだけ!)

本気で高く売りたい方には超オススメです。
繰り返しになりますが、すべて無料です。

個人的には、愛車の相場がすぐわかるだけでもぶっちゃけかなりお得です……。(ディーラーや他社で査定する場合にも、値引き交渉の材料になるから(秘))

愛車を17万円高く売りたい方は、ぜひご活用ください~。

一括査定できる主な車買取会社

査定してくれる業者も顧客満足度92.1%だから安心!!

無料一括査定の登録は45秒で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
タンクはガソリンエンジンモデルだけのラインナップで燃費にメリットのあるハイブリッドモデルがありません。 これはライバルであるソリオと大きく違う点でしょう。 当然ながらカタログ燃費は圧倒的に悪く、ソリオが最大で32.0km/Lとなっているのに…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.