【タンク】新車購入の注意点

タンクをこれから購入しようととするとまず間違いなくかなりの間、待たされることになるでしょう。

2017年7月現在で4か月待ちとなっており、これがいつまで続くかはわかりませんが、この時期を過ぎてもあと1年ぐらいが多少なりとも納車待ちということをしなけばならないと思います。

こうなる理由はダイハツの生産能力が低いことです。

もともとここまで売れるとは思っていなかったのかもしれませんが、ベースのトールを含めても、このタンク、ルーミー、ジャスティという4車種展開で販売しているわけですからもう少しキャパシティを広げても良かったのではないでしょうか。

もちろん余計なお金がかかってしまうので親会社のトヨタも見て見ぬふりで、こういう時だけ子会社に責任を押し付けるので、トヨタの工場で作るということは一切しません・・・まるで政治家みたいです。

完全に生産性が悪い中でそこそこの人気がであれば、こういった納車待ちをしなければならいわけです。

それからこの車を長く乗ろうと思っている方は扱いに少し気を使うかもしれません。

このモデル、貧弱なパッソと同じシャシーを使って作られており、キャビン寸法を広げるためにボディパネルを端においたことで強度が弱くなり、そしてトヨタグループがお得意とするコスト削減のためのボディやフレームに使う鋼板の厚みを薄くしたことで、とても軟なつくりとなっています。

これは安全性を保つための強度ということではなく、走行中にどれだけボディの形状を保っていられるか、サスペションからの突き上げにどれだけ対抗できるのかといったボディ剛性のことで、ボディ強度とはまた違った話になりますので混同しないようにしましょう。

ボディ強度がない車は走行中に常にボディがフニャフニャとねじられてながら走ります。

そうなるとせっかく乗る心地がよくなるようにセッティングして足回りもその土台となるボディが動いてしまうのではそれが活きてこなくなります。

それからボディの耐久性が著しく劣るようになります。

針金を同じ位置で曲げたり伸ばしたりを続けると切れることになりますが、それと同じことがこの車のボディで起こることになり、それに耐えきれずにボディが曲がってしまいます。

特にこの車はリヤハッチとか両側スライドドアといったように開口部が広いのでそういった構造的に弱い部分に力が集まりますので、まっすぐ走らなくなったり、スライドドアやリヤハッチの開き具合が悪くなったり、走っていてボディが揺さぶられるたびにあちらこちらからギシギシとかキュッキュッと音がするようになります。

同じような構造を持つタントが1年足らずでこういった症状が出ることがわかっているので、この車も1年とまではいいませんが3年目の初めての車検の時までにはこういった症状が出ることがあるので、それは納得の上で購入しましょう。

それと思ったほどキャビンは広くないので、4人とか5人で乗ることが多い場合は止めた方がいいかもしれません。

広いといっても室内高が高いだけで視覚的な問題となるため、実際にはパッソやヴィッツなどと同じようなものと考えた方がいいと思います。

ちなみに3人以上の人間が乗るとパワー不足のため、ほとんどは知らなくなるため、理想は2人乗りとなります。

それから値引きですが、これだけ売れていると値引きには渋くなりますが、ただ、ライバルのソリオと比較すると割高感があるため、その点を追求すると若干値引きを高く出してくれるかもしれません。

現状の値引き額は平均して5万円から15万円ぐらい、オプションによる値引きもだいたい5万円から10万円ぐらいとなりますが、これがこの車での限界といって言っていいでしょう。

良質のタンクを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うタンクを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったタンクが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったタンクを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
タンクをこれから購入しようととするとまず間違いなくかなりの間、待たされることになるでしょう。 2017年7月現在で4か月待ちとなっており、これがいつまで続くかはわかりませんが、この時期を過ぎてもあと1年ぐらいが多少なりとも納車待ちということ…

HOME

Copyright (C) 2015 コンパクトカーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報サイト. All Rights Reserved.