【タンク】ライバル車は!?

タンクのライバルは他の兄弟モデルと一律同じでスズキのソリオとなります。

そもそもタンクやルーミー、ジャスティ、トールが作られるきっかけになったのはソリオが大ヒットしており、そのクラスに車を持ったいなかったからです。

ソリオがここまで人気が高くなく不人気車であったとしたらきっとこれらの車は今でも作られていなかったでしょう。

さて、このソリオとタンクを比べたらどちらにメリットがあるのでしょうか。

まず車体に関することから・・・エンジンはタンクは1リッターエンジン、ソリオは1.2リッターエンジンとソリオの方が200ccほど大きくなっています。

パワースペックはタンクのNAが69ps、ターボが98psとなり、ソリオはNAエンジンモデルだけの設定で91psを発生させています。

しかしソリオにはハイブリッドシステムが搭載されており、電気モーターのパワーも使うことができますので、91psがシステムパワーではなく、それに13.6psの電気モーターのパワーが加わったのがシステムパワーとなります。


【スポンサードリンク】

残念ながらシステムパワーは公式発表されていないので何とも言えませんが、タンクのターボエンジンモデルの98psはかくる越えていることは確実ですので、動力性能としてはソリオの方が上といえるでしょう。

走行性能に関しては、どちらも同じようにサスペンション構造を持っており重心の高さも同じようなものですのであまり違いはないのですが、ただソリオの方が20kgぐらい軽く作られているので、多少身軽さを感じることになるでしょう。

次のトランスミッションですが、タンクは一般的なCVTですが、ソリオでは一部に5速AGSが採用されています。

AGSとはオートギヤシフトの略で、通常のマニュアルトランスミッションを自動化したもので、トルクコンバーターやベルトなど滑りやパワーロスの原因となる部分がないのでダイレクトな走りを楽しめます。

次に燃費ですが、これはハイブリッドモデルであるソリオに軍配が上がるでしょう、これはカタログ燃費だけでなく、実燃費でもそうです。

それから居住性ですが、それを室内寸法で比較してみるとソリオが室内長2515mm室内幅1420mm室内高1360mmであるところタンクは室内長2180mm室内幅1480mm室内高1355mmとタンクの方が室内長で335mm短く、室内幅で60mm広く、室内高で5mm低くなっているということになります。

幅が6センチほど広くなっているのがいいですが、長さが30センチ以上も短くなってしまっているのはやはり狭さを感じることでしょう。

こうして見ると後発のタンクはほとんどの部分で勝ち目がないようです。

良質のタンクを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
タンクのライバルは他の兄弟モデルと一律同じでスズキのソリオとなります。 そもそもタンクやルーミー、ジャスティ、トールが作られるきっかけになったのはソリオが大ヒットしており、そのクラスに車を持ったいなかったからです。 ソリオがここまで人気が高…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.