【タンク】メンテナンス性は?

タンクは大衆コンパクトカーであるブーンをベースに作られた車ですのでメンテナンスに特別なことが必要となることはありません。

そもそも大衆車という車は完全ではないもののメンテナンスフリー設計がされていることが多く、それこそエンジンオイルや冷却水、ブレーキオイル、バッテリーなどを定期的に交換していれば壊れるとか出先で立ち往生といったことはまずありません。

ただ一つだけ注意していただきたいのがCVTオイルの交換です。

トヨタではCVTオイルの定期交換をすすめていません。

トヨタ曰く、CVTは交換しなくても10万キロは無交換で大丈夫としていますが、実際はどうかというと10000キロで真っ黒になることがわかっています。

そもそもCVTというのは金属製のベルトと金属製のプーリーで構成され、変速時に摩耗が生まれたり、急なアクセルワークをしただけでベルトが滑るといったことが起こるものです。

そのためベルトがすり減ることになり、その時に出た切り粉がCVTオイルに混ざることになります。

特に新車当時はCVTもあたりがついていないので切り粉が出る量が多く、できれば新車点検時に交換したいものなのですが、どういうわけかディーラーも乗る気ではないのです。

この理由として考えらるのは、作業が工賃の割に面倒臭い、これはこのモデルのCVTオイルだけでなく、他のモデルも含めて、トランスミッションオイルやデフオイル、トランスファーオイルなどの交換にも言えることです。

そしてもう一つがCVTがオイル一つで簡単に壊れる構造を持っているからです。

カー用品店でCVTオイルを交換したらCVTが壊れたなどという話をあちこちでよく聞きます。

これを避けるためにディーラーではCVTオイルの交換を嫌がるのです。

ただディーラーできちんとしたやり方で交換すれば何ら問題ないのでやればいいと思うのですが、できれば触れたくないというのが本当のところなのでしょう。

良質のタンクを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うタンクを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったタンクが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったタンクを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
タンクは大衆コンパクトカーであるブーンをベースに作られた車ですのでメンテナンスに特別なことが必要となることはありません。 そもそも大衆車という車は完全ではないもののメンテナンスフリー設計がされていることが多く、それこそエンジンオイルや冷却水…

HOME

Copyright (C) 2015 コンパクトカーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報サイト. All Rights Reserved.