【タンク】タンクについて

トヨタのタンクは、販売チャネル違いの兄弟車であるルーミー共に2016年の11月に販売されました。

販売店はトヨペット店とネッツ店で、トヨペット店ではラクティスの後継モデル、ネッツ店ではbBの後継モデルとしての扱いを受けているが、実際にそういったことは後付けで、本来はもっと別の理由があって販売されているモデルなのです。

タンクを見るうえで一番大事なことは、トヨタの車ではないということ、新規開発モデルではないということです。

タンクはトヨタの子会社、トヨタグループに属するダイハツが開発から製造まで行っている車で、ダイハツではトールという名前で販売されているものOEM供給契約を経て、OEM供給されたものを販売しているにすぎません。

トールという車のデザインを小変更し、トヨペット店やネッツ店で販売しているのがタンク、トヨタ店やカローラ店で販売しているのがルーミーということです。

ちなみにトヨタが大株主となっているスバルにもOEM供給されており、スバルではジャスティとして販売されています。

車の作りとしては新規開発モデルではなく、トヨタグループでは定番の流用によって作られており、基本となるプラットフォームは先に発売されたダイハツではブーン、トヨタではパッソと同じものが使われています。

シャシー、サスペンション、エンジン形式、トランスミッション、CVTの変速幅、内装の一部まで全く同じものが使われた形となります。

大きく違うのはボディだけとなるため、性能的にもブーンやパッソと同じです。


【スポンサードリンク】

ただ、ファイナルが低くされているので、加速は多少楽ですが、高速が延びません。

ですので、この車を買う時は陰にブーンやパッソがいると思って買ってください、そうすればあとでがっかりすることもありません。

さてこういった車をトヨタグループはどうして発売したのか、それまで一切手を付けなったジャンルなのにどうして今頃?・・・こう思う方も多いでしょう。

この答えはスズキのソリオがバカ売れしているからです。

ソリオはコンパクトカーにおけるスーパーハイトワゴンとして唯一モデルで、初めての試みとして販売されたものでした。

それ以外にも大ヒットして、コンパクトカークラスの需要を独り占めしているといってもいいでしょう。

その売れ行きを見てトヨタが黙っているわけがありません。

ソリオの対抗馬として、まずは子会社のダイハツにブーンベースのスーパーハイトワゴンを作るように指示して、それをOEM供給する手はずを整えておくようにしたわけです。

新規開発よりはるかに短い時間で販売に至らせることができる流用モデルをうまくつかいました。

要するにソリオをつぶすためにトヨタグループが一丸となってトール4兄弟を作ったというわけです。

良質のタンクを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
トヨタのタンクは、販売チャネル違いの兄弟車であるルーミー共に2016年の11月に販売されました。 販売店はトヨペット店とネッツ店で、トヨペット店ではラクティスの後継モデル、ネッツ店ではbBの後継モデルとしての扱いを受けているが、実際にそうい…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.