【タンク】タイヤやホイールのサイズは?

タンクに用意されている標準装備のタイヤやホイールは、兄弟車のルーミーと全く同じものでサイズもデザインも共通です。

カスタムG-Tグレードには175/55タイヤに15インチ5Jのアルミホイールの組み合わせ、カスタムGとカスタムG"S"グレードには165/65タイヤに14インチ5Jアルミホイールの組み合わせ、そしてそれ以外のものはすべて165/65タイヤに14インチ5Jのスチールホイールの組み合わせにホイールキャップといった形になります。

車両重量や車の性格、エンジンパワー、サスペンションの構造などから考えれば最大で175/55タイヤに15インチホイールの組み合わせで十分でしょう。

むしろ165/65タイヤに14インチホイールでも十分なぐらいです。

ですのでタイヤが減って交換するときもホイールを交換する時も基本は純正タイヤ純正ホイールと同じサイズのものを選んだ方がいいでしょう。

タンクのような車は比較的若い方に買われることが多く、それによっていろいろといじられる傾向が強いのですが、タイヤやホイールの交換はもはや常套手段で、そのほとんどがドレスアップ目的で交換されます。


【スポンサードリンク】

最近の傾向から言えば、メッキアルミホイールへの交換、大幅なインチアップ、タイヤのサイズアップなどが行われることが多いようです。

その傾向を真に受けてこのタンクにもメッキホイールの大径ホイールに太いタイヤをつけたとするとどうなるか・・・メッキホイールはその人の好き好きとなりますが、大衆車のタンクのどれだけメッキホイールが合うかどうかは難しいところです。

大径ホイールは乗り心地が悪くなりますし、リヤサスペンションが余計に跳ねることになりますので、やったとしても16インチが限界です。

それで著しくのりごこちをうしないますのであまりお勧めできません。

最後に太いタイヤですが、太くしてグリップは高まりますが、コーナーリングのロール量がかなり大きくなりますし、サスペション自体の強度があまりありませんので、思ってもみない挙動を示すことになります。

これはかなり危険な状態ですので、タイヤ幅は175サイズを限界値としましょう。

そもそもこのタンクという車はそういったことをする車ではありませんのでできる限りノーマル状態、標準装備の状態で乗るのが一番合っています。

下手にいじってバランスを崩して乗りにくい車、家族から文句の出る車になるよりもドノーマルのままで普通に乗っていた方がいいでしょう。

良質のタンクを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
タンクに用意されている標準装備のタイヤやホイールは、兄弟車のルーミーと全く同じものでサイズもデザインも共通です。 カスタムG-Tグレードには175/55タイヤに15インチ5Jのアルミホイールの組み合わせ、カスタムGとカスタムG"S"グレード…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.