【ソリオ】ライバル車は!?

ソリオには当社ライバル車というものがいませんでしたが、トヨタグループがソリオの独り勝ちを見て、それに対抗しようと同等クラスの車を投入してきました。

それがダイハツのトールです。

トールはエンジン排気量が1リッターでソリオよりも1つ下のクラスとなる車ですが、コンパクトスーパーハイトワゴンといったくくりで見ると同じ位置にいる車として見ることができます。

ソリオではガソリンエンジンモデル、マイルドハイブリッドモデル、ハイブリッドモデルという3つモデルを用意していますがトールはハイブリッドモデルもなく、全てのモデルが1リッターガソリンエンジンモデルとなっています。

ただその代わりといっては何ですが、ターボエンジンモデルを用意して商品力を上げているようです。

ライバルはトールだけではありません。

実はトールという車をダイハツはOEM供給をしており、親会社のトヨタではタンクとルーミーとして、トヨタが大株主となっているスバルではジャスティとしてトールを販売しているのです。

いわゆる4兄弟体制で、スズキのソリオの人気を奪い取ろうとしているのです。

多勢に無勢、1対4では分が悪すぎます。


【スポンサードリンク】

このクラスので唯一のモデルで人気を独り占めしていたソリオの販売台数はどんどん低下していき、今ではトヨタ名義のタンクやルーミーよりも下の位置となってしまいました。

面白ことにOEM供給元となっているダイハツのトールよりもOEMモデルであるトヨタのタンクやルーミーの方が売れています。

ここからもわかると思いますが、ソリオやトールが属するクラスの車というのは車の作りがどうのこうのではなく、自動車メーカーで選ばれることが多いということでそれが同グループ企業のダイハツでも同様です。

そうなるとどの自動車メーカーも天下のトヨタ、国の息がかかっているトヨタに太刀打ちできません。

それが販売台数に表れているわけですが、だからといって販売台数が少なくなってしまったソリオが悪い車ではないということで、仮にソリオがトヨタの車だったら販売台数ナンバーワンになっていたことでしょう。

実用車というのはそういうものです、基本的に車が何たるかを知らない方が買う車で、中にはエンジンの構造やハイブリッドシステムの意味、ソリオではマイルドハイブリッドとハイブリッドの違いすら分からないような方がああでもないこうでもないといいながら車選びをしているのが現状です。

それこそ価格と燃費だけを公表していればそれだけで商売が成り立つのです。

こういった傾向は日本人である以上仕方がないのかもしれません。

良質のソリオを相場より、あと10万円安く買う方法!

私がヴィッツを中古車無料お探しサービスと近所の中古車販売業者とで探したところ、ほぼ同等の条件の車が中古車無料お探しサービスで中古車販売業者より24万6000円も安く見つけることができました。

「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」は、中古車のプロが全国から探してきてくれるから、お探しの中古車の条件がある程度決まっているのなら、とても便利なサービスです。もちろん、利用料はすべて無料です。

もし見つけてもらった後にキャンセルしても、キャンセル料なども一切かからず、購入後も最長10年保証、返品も可能だから安心です!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります!

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

私がマーチを一括査定で複数の買取業車に査定依頼してみたら、一番高い会社と一番低い会社の差が21万8000円にもなりました。

「かんたん車査定ガイド」は、最大10社から一括査定見積もりが受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。もちろん、利用料はすべて無料です。

登録1分で終わり、すぐに概算価格が分かります。

一括査定できる主な車買取会社


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
ソリオには当社ライバル車というものがいませんでしたが、トヨタグループがソリオの独り勝ちを見て、それに対抗しようと同等クラスの車を投入してきました。 それがダイハツのトールです。 トールはエンジン排気量が1リッターでソリオよりも1つ下のクラス…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.