スイフトの走行性能は? ※モデル別パワー検証!ライバル車比較も・・・

スイフトはエンジンパワーはそれほど高いものを持っているわけではありませんが、同クラスのコンパクトハッチバックモデルと比べても非常に高いボディ剛性と優れた足回りを持っている車といっていいでしょう。

ボディ剛性はトヨタの車のようにギリギリの剛性感を持つといったものではなく、スポーツモデルのスイフトスポーツでも十分使えるぐらいの強度を持たせているので、コーナーリングのたびボディがギシギシと音を立ててねじれることはなく、サスペンションがしっかりと仕事をしてくれます。

そのサスペンションも形式的にはフロントがストラット、リヤがトーションビームという典型的なコストダウンのためのFF専用サスペンションといった感じですが、コイルスプリングのレートとショックアブソーバーの減衰力がかなり引き締められているので、標準モデルのスイフトでもかなりがっちりしたものに仕上がっています。


【スポンサードリンク】

これはスイフトスポーツともなると更によくなっており、ロールが出やすい全高の高いボディを持っていながら、しっかりとロールを抑えつつ、ロールアンダーを防ぎ、かといって硬すぎて乗り心地が悪いということはありません。

ただ、どちらのモデルも今まで他のコンパクトカーなどに乗っていた方からすればかなり固いと感じることがあり、それを乗り心地の悪さと感じる方も少なくありません。

しかし、同クラスのコンパクトハッチバックモデルの中では一番いい脚を持っているといっていいでしょう。

Topics

【概要】
スイフトはエンジンパワーはそれほど高いものを持っているわけではありませんが、同クラスのコンパクトハッチバックモデルと比べても非常に高いボディ剛性と優れた足回りを持っている車といっていいでしょう。 ボディ剛性はトヨタの車のようにギリギリの剛性…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.