スイフトの乗り心地は? ※装備、居住性、積載性を徹底検証・・・

スイフトは全体的に足回りが固めのセッティングとなっていることやボディ剛性が比較的高いことからそれが乗り心地の悪さにつながることがあります。

それもそのはずです、ふにゃふにゃなボディを持ち、それこそサスペンションがなくてもいいぐらいボディが大きくたわむ車や乗り心地が悪いといわれるのを避けるため、必要以上柔らかい足回りを持つ車ばかりが売られているのですからそういった感じを受けるのも当然です。

しかし、実際にはスイフトぐらいの足回りの方が楽に走れます。

むしろスイフトの足回りが本来の足回りだと思った方がいいかと思います。

次に居住性ですが、スイフトシリーズのボディは下手にデザインに凝ったものではなく、典型的な2ボックススタイルを持っています。


【スポンサードリンク】

そのため、無駄なデッドスペースなどが生まれにくいものとなっており、その分広く使えると思います。

とは言っても、やはりコンパクトカーなので、絶対的寸法が小さいので広くはありません。

特にリヤシートの足元は結構狭かったりします。

装備面は一応、コンパクトカークラスのものとしてフル装備といっていいでしょう。

キーレスプッシュスタートシステムもありますし、フルオートエアコンも標準装備、全面ともUVカットガラスになっているので女性ドライバーでも快適に乗ることができると思います。

ただ、基本はオーディオレス仕様となっているため、カーナビなどが必要な方はオプションで付けるか、社外品を購入することになりますので、その分の費用は前もって光男っておく必要があります。

Topics

【概要】
スイフトは全体的に足回りが固めのセッティングとなっていることやボディ剛性が比較的高いことからそれが乗り心地の悪さにつながることがあります。 それもそのはずです、ふにゃふにゃなボディを持ち、それこそサスペンションがなくてもいいぐらいボディが大…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.