スイフトが似合う人は!? ※逆に買わない方がいい人とは・・・

スイフトの標準モデルは、ごく一般的な2ボックススタイルを持つ、コンパクトカーですので、誰が乗ってもそれなりに満足のいく車だと思います。

燃費もこのクラスの車としては中々いいものを持っていますし、エンジンパワーも十分、ボディ形状が余りデザインに凝ったようなものではなく、四面が切り立った形状となっているので居住性のかなりいいものを持っています。

ただ、足回りは他の同クラスのコンパクトカーと比べると少々硬めというかしっかりしたセッティングがされているので、乗り心地重視の方には向かないかもしれません。

一方、スイフトスポーツは完全にスポーツ走行ユースの方だけに買ってもらいたい車です。

ボディ形状こそ1.2リッターエンジンのスイフトと同じものですが、それ以外の部分はすべてスポーツ走行のためにあるといったいいぐらいハードなつくりとなっています。


【スポンサードリンク】

ボディ形状が同じなので、居住性や実用性などはスイフトと同様にコンパクトカークラスとしては優れたものを持っているので、実用性と走りの良さを兼ね備えたここ最近の車としてはめずらしいタイプの車だとおもいます。

しかし、どうしてもエンジン排気量が大きいということとエネチャージなどの低燃費装備が付けられていないので燃費が若干悪いので、燃費で車の良し悪しを決めるような方にはスイフトは向きませんし、乗ってもらいたくありません。

もちろんスイフトスポーツを選ぶぐらいでしたら6速マニュアルトランスミッションモデルを選ぶのが当たり前ですので、AT限定免許しか持っていない方はスイフトスポーツには乗らないでもらいたいです。

Topics

【概要】
スイフトの標準モデルは、ごく一般的な2ボックススタイルを持つ、コンパクトカーですので、誰が乗ってもそれなりに満足のいく車だと思います。 燃費もこのクラスの車としては中々いいものを持っていますし、エンジンパワーも十分、ボディ形状が余りデザイン…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.