こんなトヨタアクアは買ってはいけない!

買ってはいけない、買うと損をするというモデルを見る前に、逆にこのアクアがどういう車であるか、何を目的に作られた車であるのか?ということを理解しておかなければいけません。

アクアはもともとハイブリッドカーは欲しいがお金がない、プリウスなど到底買えるはずもないといった方向けに、ありあわせの部品を組み合わせて急いで作った廉価大衆車です。

いわば一昔前の軽自動車のような車ということですが、それゆえアクアは以下のようなコンセプトで作られています。

・比較的安めの車両価格
・ハイブリッドカーゆえの優れた燃費性能
・オンロード向け大衆車としての最低限の走行性能、動力性能
・使い勝手の良さ

これらのものをすべてクリアして作られているのがアクアであって、これ以上のものを求めたり、求めたことでスポイルされてしまってはならないのです。


【スポンサードリンク】

現状のアクアを見てみると、Lグレード、Sグレード、Gグレード、Gソフトレザーセレクショングレードで構成される標準モデル、クロスオーバーグレードと呼ばれているクロスオーバーSUV風のモデル、GRスポーツシリーズのG GRスポーツが販売されていますが、アクアの本来の形であるものは標準モデルであるLグレード、Sグレード、Gグレード、Gソフトレザーセレクショングレードの4つのモデルだけで、それ以外は本来、アクアが目指したものとは違います。

クロスオーバーグレードは、今流行りのクロスオーバーSUVブームの恩恵に授かろうというのでしょうか、オンロードだけを走る車として作られたアクアに、クロスオーバーSUVらしいデザインのフロントバンパー、リヤバンパー、サイドシルガード、フェンダーアーチ、ルーフラック風ルーフガーニッシュ、大径タイヤ、有効長の長いサスペンションをつけただけで、クロスオーバーSUV・・・ではなく、クロスオーバーSUV風の車に仕立てても、クロスオーバーSUVのように荒れていないオフロードを元気よく走れるわけでもありませんし、雪道走行が得意なわけではありません。

そもそもFFだけですから、クロスオーバーSUVとして扱うのはかなり難しいと思います。

これなら軽自動車のクロスオーバーSUVを買った方がクロスオーバーSUVらしい走りを楽しめます。

それからGRスポーツモデルですが、こちらは勘違いも甚だしい車です。

そもそもアクアは大衆車ですし、低燃費だけを狙ったハイブリッドカーです。

走りを追求した車としては設計されていませんし、とにかく安く作るためにペラペラなボディを持つ車です。

それにボディ剛性パーツをつけてやっと大衆車レベルのボディ剛性を持たせても、減衰力を高めたショックアブソーバーをつけても、有効長が短くおのずと車高が低くなるコイルスプリングををつけても、見た目だけの効果の無いエアロパーツをつけても、結局はシステムパワー100psという非力な動力性能を持ち、コーナーリングごとにボディが大きく変形しサスペンションが仕事をしてくれない、トランスミッションも滑りまくる無段変速機だけし選べないというのでは、はっきり言って見掛け倒しです。

これならフィットRSやノートNISMOを買った方がいいでしょう。

このようにアクアを買うのであれば、標準モデルを買うべきで、クロスオーバーグレードやGRスポーツモデルは避けた方がいいです。

どうしてもというのであれば、無理に止めはしませんが、車をそれなりに正しい目で判断できる方や本当の車好きの方からはきっと鼻で笑われてしまうでしょう。

アクアは所詮、廉価大衆ハイブリッドカーですから安さと燃費以外は求めてはいけませんし、求めることで後悔することになります。

Topics

【概要】
買ってはいけない、買うと損をするというモデルを見る前に、逆にこのアクアがどういう車であるか、何を目的に作られた車であるのか?ということを理解しておかなければいけません。 アクアはもともとハイブリッドカーは欲しいがお金がない、プリウスなど到底…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.