トヨタアクア新車購入の注意点

アクアを新車で購入する時にまず考えていただきたいのが、これから買う車の仕様目的は何でしょうか?という点です。

この部分をしっかりと考えないと後で絶対に後悔します。

まず、この車を日常的に使う生活車両、買い物車、通勤車、子供の送迎用の車として使おうとしている方、その方はアクアを選んで正解です。

こういった使い方であれば、高速道路も使わないですし、スピードレンジもだいたい30km/h程度、大きな荷物も積まないでしょうし、定員一杯まで人が乗ることもありませんので無理なく乗ることができるかと思います。

それに遠出をしない形になりますので、ガラスのハイブリッドシステムが突然壊れてもすぐに修理に持ち込むことができるので安心です。

こういった方はLグレード、Sグレード、Gグレードなどといった標準グレードの中から装備で選ぶといいでしょう。

そうではなく、例えばレジャー用にとか、走りを楽しみたいとかといったことで車を買う場合はアクアは選択肢から外しましょう。

アウトドアスポーツをするからといってクロスオーバーグレードを買ったとしても、車高が若干高いだけで中身は標準グレードと全く同じですので、それでラフな路面を走ろうものなら帰りはJAFや自動車保険のロードサービスのお世話になることでしょう。

それから走りを楽しみたいということでGRスポーツやG'sシリーズを買ったとしてもクロスオーバーグレードと同様に、中身は全く同じ、やっと他の自動車メーカーが発売するコンパクトカーと同じレベルにすることができたボディ剛性パーツや整流しか効果の無いエアロパーツ、ただ単に硬くしただけ、車高を低くしただけのサスペンションユニットをつけただけで、トヨタの販売戦略が示すようなまるでスポーツモデルのような高次元な走りを楽しめると思ったら大間違いです。

所詮100psの大衆コンパクトカーですので、街中をゆっくりを走るがお似合いです。

それから求めるものが何なのか?によってもこの車を選んで正解なのか?ということがわかります。

まず、動力性能、走行性能、悪路走破性は、かなり低いものしか持っていないことは前述の部分でお分かりいただけたかと思いますが、それ以外の部分で「燃費性能」と「安全性能」を求める場合も注意が必要です。

燃費性能はまさにアクアが求めている性能でありますし、トヨタが発表しているカタログ燃費を見ると最大で38km/Lとかなりすぐれてすうじをみせていますが、これはあくまでシャシーダイナモの上で行うJC08モード燃費テストでの数字で、実際に消費者がアクアを購入して実生活の中で使った時の燃費性能は全く違います。

最大でも27km/L程度、平均して18km/Lから23km/Lていどの燃費性能しか持っていません。
カタログ燃費を真に受けてしまうと後で必ず後悔します。


【スポンサードリンク】

それから安全性能ですが、アクアには「Toyota Safety Sense C」や「Toyota Safety Sense」が先進安全装備として付けられています。

しかし、これらの安全装備、特に自動ブレーキシステムであるプリクラッシュセーフティの性能が非常に悪く、動作環境が整っていても動作しない、動作しなくてもいいところで突然急ブレーキをかけるといったような不具合続きなのです。

同じ「Toyota Safety Sense C」を搭載するプリウスにおいてこのプリクラッシュセーフティが作動せず、バスに突っ込んでいってしまった吉祥寺の事故や逆に前方の歩行者に反応して踏切内で立ち往生してしまったことで発生した成増での踏切事故などでこのシステムの性能の悪さがわかると思います。

ちなみにのちに「Toyota Safety Sense C」から「Toyota Safety Sense」と付けられる安全装備の名称が変わりましたが、トヨタが言うには「グレードアップしたため」としていますが、実際には「Toyota Safety Sense C」であまりにもトラブルが多いのでそれを改良するため、そして「Toyota Safety Sense C」のイメージが悪くなったためにそれを払拭するために解明を行ったことがわかっています。

「Toyota Safety Sense」になってもはっきり言って機能は同じですので、安全性能としては特に高くないといえます。

燃費性能にしても安全性能にしても特段優れたものは持っていないのでそれを期待してアクアを買うとがっかりすることでしょう。

もちろんこれらすべてのことをクリア出来たらアクアを選ぶのもいいかと思います。

アクアにしようということが決まったらまずは試乗です。

アクアは廉価大衆車であるため、特別に何かあるというわけではありませんが、「パワーの無さ」「ボディ剛性の弱さ」「恐怖のコーナーリング」を味わっておくことをおすすめします。

2018年7月現在での値引きは、車体値引きでだいたい20万円ぐらい、オプション品値引きで10万円ぐらいというのが一般的になっていますが、アクア自体がだいぶ古いモデルとなってきたことから、トヨタのディーラーも柔軟になってきて、車体値引きも30万円ぐらいを狙うことができるようになってきたようです。

Topics

【概要】
アクアを新車で購入する時にまず考えていただきたいのが、これから買う車の仕様目的は何でしょうか?という点です。 この部分をしっかりと考えないと後で絶対に後悔します。 まず、この車を日常的に使う生活車両、買い物車、通勤車、子供の送迎用の車として…

HOME


Copyright (C) 2015-2020 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.