トヨタアクアの安全性能は?

安全性というとここ最近、煩わしいと思えるほど自動車メーカーが使う「サポカー」という言葉に翻弄されてしまいがちですが、そんなもので自動車の安全性を高めることなどできません。

そもそも「サポカー」というのは、安全性能の高さを知るものではなく、高齢者ドライバーによる交通事故の発生確率を低くするための取り組みであって、それが自動車の安全性能を高めるものではありません。

安全性能の基本はパッシブセーフティ、要するに交通事故を起こし、どこかにぶつかった時にどれだけ乗っている人間を守ることができるのか?ということです。

その点についてはアクアは落第です。

パッシブセーフティの代表となるエアバッグ、これは全グレードでステアリング内蔵型、ダッシュボード内蔵型が標準装備されていますが、サイドエアバッグはメーカーオプションで別途購入しなければなりません。

アクアのような大衆コンパクトカーはドライビングテクニックが未熟な初心者、女性ドライバー、高齢者ドライバーなどといった方が乗る機会が多い車であるため、交通事故を引き起こす確率がぐっと高まる車です。

そういった車であることを知っていながら、サイドエアバッグをつけるのに別途、お金が必要になるなど、まさに商売上手のトヨタらしいものです。

それからもう1つ、パッシブセーフティにおいて大事なボディの強度ですが、一応ですが衝突安全ボディとなるトヨタ名「GOA」が採用されていますが、ご存じ通りトヨタの車やその子会社のダイハツの車はコスト削減のためにボディやフレームなどといったボディの強度や剛性を保つための部分の鋼板の質を落とし、鋼板の厚みも薄くしています。

これによって必要となる鋼材の量を減らすことができ、それを儲けにすることができるわけですが、アクアでは更なる低価格化をするためにもっと過激なコスト削減策が取られていて、ボディやフレームの作りも更に貧弱なものとされています。

そのような作り方がされたボディやフレームを持つ車で衝突事故などを起こしたとしたら果たしてどこまで体を守ってくれるでしょうか?

対してアクティブセーフティ、いわゆる事故を起こさない安全性ですが、こちらは能書きとしてはかなり立派なことを言っています。

それらはアクアのWebカタログなど見ればいろいろと書いてあるのですぐにわかります。
しかしです、そういった機能が正常の機能しなかったらどうでしょうか?

アクアには当初は「Toyota Safety Sense C」と呼ばれる先進安全装備群が付けられていました。
それにはレーザーレーダーと単眼カメラで障害物の検知を行う自動ブレーキシステムの「プリクラッシュセーフティシステム」、車線逸脱警報システムの「レーンディパーチャーアラート」、ヘッドライトのハイビームとロービームを自動的に切り替える「オートマチックハイビーム」などが含まれています。


【スポンサードリンク】

一方でアクアの上級機種となるプリウスですが、こちらには「Toyota Safety Sense C」の更なる上級機能バージョンである「Toyota Safety Sense P」が搭載されていて、アクアよりももっと安全性が高くなっているのですが、このプリウスで「Toyota Safety Sense P」が正常に機能しないことから事故を防げなかった、あるいは事故を起こす原因のひとつとなってしまったという事例がかなり多くなってきたのです。

以前起こった、東京の吉祥寺での事故もそうです。

高齢者ドライバーがアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えて、駐車場の出口から飛び出してしまった、その先に路線バスがたまたま止まっていたのですが、ここで「Toyota Safety Sense P」の「プリクラッシュセーフティシステム」ガチャンと機能していれば、アクセルペダルをベタふみにしていても路線バスの手前で止まるか、ぶつかってもそれほど大きな事故にはならなかったでしょう。

しかし、現実では全く止まらずにあちこちにぶつかって大騒ぎになってしまったのです。

こういった事態を起こしたのは「Toyota Safety Sense P」でアクアに搭載されている「Toyota Safety Sense C」よりも性能が高いシステムです。

性能の高いシステムが事故を回避できなかったということは、それよりも性能の低いシステムでは当然ながら回避できないということになり、「Toyota Safety Sense C」自体の安全性の低さを物語るものとなります。

現在ではそういった「負の記憶」を消し去るためにグレードアップをしたという理由で「Toyota Safety Sense C」「Toyota Safety Sense P」と細かく分けないで「Toyota Safety Sense」と大きくひとくくりにされています。

「Toyota Safety Sense」は「Toyota Safety Sense C」よりもグレードアップされ、性能が若干上がっているようですが根幹となる部分は全く同じものですので、安全性能が大幅に高まったとは言えません。

確かに名称を変えただけで性能が大きく向上するのであれば苦労はしません。

アクアのパッシブセーフティとアクティブセーフティ、こうしてみるたいしたことはなさそうです。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
安全性というとここ最近、煩わしいと思えるほど自動車メーカーが使う「サポカー」という言葉に翻弄されてしまいがちですが、そんなもので自動車の安全性を高めることなどできません。 そもそも「サポカー」というのは、安全性能の高さを知るものではなく、高…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.