【アクア】安全性能は?

安全性というとここ最近、煩わしいと思えるほど自動車メーカーが使う「サポカー」という言葉に翻弄されてしまいがちですが、そんなもので自動車の安全性を高めることなどできません。

そもそも「サポカー」というのは、安全性能の高さを知るものではなく、高齢者ドライバーによる交通事故の発生確率を低くするための取り組みであって、それが自動車の安全性能を高めるものではありません。

安全性能の基本はパッシブセーフティ、要するに交通事故を起こし、どこかにぶつかった時にどれだけ乗っている人間を守ることができるのか?ということです。

その点についてはアクアは落第です。

パッシブセーフティの代表となるエアバッグ、これは全グレードでステアリング内蔵型、ダッシュボード内蔵型が標準装備されていますが、サイドエアバッグはメーカーオプションで別途購入しなければなりません。

アクアのような大衆コンパクトカーはドライビングテクニックが未熟な初心者、女性ドライバー、高齢者ドライバーなどといった方が乗る機会が多い車であるため、交通事故を引き起こす確率がぐっと高まる車です。

そういった車であることを知っていながら、サイドエアバッグをつけるのに別途、お金が必要になるなど、まさに商売上手のトヨタらしいものです。

それからもう1つ、パッシブセーフティにおいて大事なボディの強度ですが、一応ですが衝突安全ボディとなるトヨタ名「GOA」が採用されていますが、ご存じ通りトヨタの車やその子会社のダイハツの車はコスト削減のためにボディやフレームなどといったボディの強度や剛性を保つための部分の鋼板の質を落とし、鋼板の厚みも薄くしています。

これによって必要となる鋼材の量を減らすことができ、それを儲けにすることができるわけですが、アクアでは更なる低価格化をするためにもっと過激なコスト削減策が取られていて、ボディやフレームの作りも更に貧弱なものとされています。

そのような作り方がされたボディやフレームを持つ車で衝突事故などを起こしたとしたら果たしてどこまで体を守ってくれるでしょうか?

対してアクティブセーフティ、いわゆる事故を起こさない安全性ですが、こちらは能書きとしてはかなり立派なことを言っています。

それらはアクアのWebカタログなど見ればいろいろと書いてあるのですぐにわかります。
しかしです、そういった機能が正常の機能しなかったらどうでしょうか?

アクアには当初は「Toyota Safety Sense C」と呼ばれる先進安全装備群が付けられていました。
それにはレーザーレーダーと単眼カメラで障害物の検知を行う自動ブレーキシステムの「プリクラッシュセーフティシステム」、車線逸脱警報システムの「レーンディパーチャーアラート」、ヘッドライトのハイビームとロービームを自動的に切り替える「オートマチックハイビーム」などが含まれています。

一方でアクアの上級機種となるプリウスですが、こちらには「Toyota Safety Sense C」の更なる上級機能バージョンである「Toyota Safety Sense P」が搭載されていて、アクアよりももっと安全性が高くなっているのですが、このプリウスで「Toyota Safety Sense P」が正常に機能しないことから事故を防げなかった、あるいは事故を起こす原因のひとつとなってしまったという事例がかなり多くなってきたのです。

以前起こった、東京の吉祥寺での事故もそうです。

高齢者ドライバーがアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えて、駐車場の出口から飛び出してしまった、その先に路線バスがたまたま止まっていたのですが、ここで「Toyota Safety Sense P」の「プリクラッシュセーフティシステム」ガチャンと機能していれば、アクセルペダルをベタふみにしていても路線バスの手前で止まるか、ぶつかってもそれほど大きな事故にはならなかったでしょう。

しかし、現実では全く止まらずにあちこちにぶつかって大騒ぎになってしまったのです。

こういった事態を起こしたのは「Toyota Safety Sense P」でアクアに搭載されている「Toyota Safety Sense C」よりも性能が高いシステムです。

性能の高いシステムが事故を回避できなかったということは、それよりも性能の低いシステムでは当然ながら回避できないということになり、「Toyota Safety Sense C」自体の安全性の低さを物語るものとなります。

現在ではそういった「負の記憶」を消し去るためにグレードアップをしたという理由で「Toyota Safety Sense C」「Toyota Safety Sense P」と細かく分けないで「Toyota Safety Sense」と大きくひとくくりにされています。

「Toyota Safety Sense」は「Toyota Safety Sense C」よりもグレードアップされ、性能が若干上がっているようですが根幹となる部分は全く同じものですので、安全性能が大幅に高まったとは言えません。

確かに名称を変えただけで性能が大きく向上するのであれば苦労はしません。

アクアのパッシブセーフティとアクティブセーフティ、こうしてみるたいしたことはなさそうです。

希望のアクアが簡単に手に入る、最も確実な方法とは!?

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うアクアを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったアクアが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったアクアを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車をあと17万円高く売る、おそらく1番確実な方法がコレ!!

新しい中古車を新車でも中古車でも買おう思った時、ほとんどの人が、何も考えずに、これから買う車の販売店で下取りしてもらっていることだろう。

でも、ちょっと待った!!

それ、相当損してますから・・・。下手したら60万円くらい損してるかも・・・
今一度、冷静になって、考えて見てみることを強くオススメする。

下取りなんて、車購入資金の何の足しにもならないのだから・・・

ただただ愛車がかわいそう。
例えるなら、ブックオフで本を売るくらい、ほとんどお金にならない(笑)

では、どうすればいいのか!? それについてお話しよう。

私がおすすめするのは、「かんたん車査定ガイド」というサービスだ。

愛車の査定額が平均17万も高くなった、という実績がある通り、1番高く愛車を売りたいならぜひ試してもらいたいサービスなのだ。

平均17万円も高い査定額を手にしたら(平均だからね)、、40万や60万もの差がでることもザラだから、夢が広がるばかり・・・
17万円もの棚ぼたの臨時ボーナスを手にしたら、どうするか想像してみるといいだろう。

自分なら・・・

・グレードの高いタイヤやホイール、冬ならスタッドレスタイヤを買う
・少しグレードの高いカーナビやスピーカーを取付ける
・家族で沖縄旅行にいく
・娘にピアノを買ってあげる
・高級料理店で贅沢する
・最近ガタがきはじめた家電をごっそり買い換える
・10年目の結婚の節目に奥さんにサプライズプレゼントする
 などなど

みなさんにも、まずはその部分をイメージしてもらいたい。

さて、このサービスをオススメする理由だが、日本を代表する大手買取業者(最大10社)がこぞって、しのぎを削って査定してくれるわけだから、高額査定してもらえる可能性はかなり高いわけだ・・・どの業者も必死だからね。。。

さらに最近は、昔ほどしつこい電話連絡もほとんどなくなったし、もし電話が来たとしても、「他社が●●万円だから」というだけで、手が出せない業者は大人しくしっぽ巻いて帰っていくだけだから。。

それでも下取りに出した方が断然ラク・・・というお金持ちの人にはオススメしないが、そんな高額査定の可能性を秘めているから、試してみても損することはないだろう。

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

Topics

【概要】
安全性というとここ最近、煩わしいと思えるほど自動車メーカーが使う「サポカー」という言葉に翻弄されてしまいがちですが、そんなもので自動車の安全性を高めることなどできません。 そもそも「サポカー」というのは、安全性能の高さを知るものではなく、高…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.