【アクア】【特集】中古車選びの注意点は?


【スポンサードリンク】

アクアを中古車で買ってしばらくの間、乗り続けようと思っている場合、アクアの中古車選びで気をつけなければならないは経った2つ、年式と修理歴です。

この2つさえきちんとクリアできればきっと後悔しないでしょう。

理由はどちらもアクアの・・・ではなく、トヨタのハイブリッドシステムであるTHS-IIの故障が多いから、いや「隠し故障」が多いからです。

「あれ〜そんなに壊れるの?そんな話あまり聞いたことないよ」

多分そう思っている方も多いかと思いますがそうなるのも当然、皆さんは間違っていません。

統計として噂になるような表に出る故障は思ったほど多くありませんが、先ほど言いました通り「隠し故障」がかなり多いのです。

アクアのみならず、トヨタのハイブリッドシステムを搭載したモデルを持っている方でこんなことはありませんでしたか?

定期点検だけなのに、「忙しいから」とか「立て込んでいるから」といって上がるまで3日もかかったとか、違う部分の修理だったのになぜかハイブリッドシステムの部品の一部が新品なっていたとか・・・。

それから突然のハイブリッドシステムの故障、修理費用はいくらかかりましたか?

多分、新車保証で無償修理となったのではないでしょうか。

問題はこの部分です、ハイブリッドシステムが壊れていること、不具合が出ていることに気が付いても、その部分を直しましょうといわない時があります。

あくまでも定期点検が長引いてしまった、他の部分の修理に手間取ってしまったという形にしといて、裏で急いで不具合箇所となっているハイブリッドシステムの部品を交換してしまえば、オーナーとしても「ハイブリッドシステムの修理はしていない」ということになり、作業明細書にもそのことを記入しなくても済みますので修理をした証拠が残らない・・・すなわち統計的に故障を起こしているとはならないということになるわけです。

それから5年以内10万キロ以内であれば無償修理となっていますが、これは本来、新車保証によるものですがそれもうまく利用しています。

ハイブリッドシステムの修理にざっと30万円から50万円ぐらいの費用が掛かるのですが、同じ修理をするのにおいて、これだけの多額の修理費用が掛かった場合と全く費用が掛からなかった場合でどういう気持ちになるでしょうか。

多分、多額の修理費用が掛かった場合は・・・
「なんだこのポンコツ、こんなに簡単に壊れるか?もう二度とトヨタの車なんて買わない!」
と怒りを感じるはずです。

対して、無償修理であれば・・・
「安い大衆車だから仕方がないか、修理費用も掛からないからまぁいいか」
と穏便な対応になるかと思います。


【スポンサードリンク】

人間というものは怒りを感じた時はそれを周りに知らせようとする傾向があり、逆にそれほどでもない時は何もしません。

今やインターネットとかSNSなどで個人の意見が簡単に広まる世の中、これによって悪評が広まることを国産自動車メーカーの中で一番嫌っているトヨタがそれを許すはずもありません。

だからこそお金がかかるハイブリッドシステムの修理も新車保証の対象とし、更に期間も長い設定にしているのです。

ハイブリッドシステムの修理がすべて実費になったら、多分ですがトヨタにハイブリッドカーは売られていないことでしょう。

これだけのことを自動車メーカーが率先して行うぐらいですから、表向きのハイブリッドシステムの修理件数よりも実際に修理件数の方が多いのがわかるかと思います。

実際にも同じアクアで見ても、トヨタのディーラーと町の修理工場でのハイブリッドシステムの修理件数では圧倒的町の修理工場での修理件数の方が多くなっています。

だからこそ中古車を買う時は故障に気をつけましょうということなのです。

アクアでよく起こるハイブリッドシステムの修理ではまず間違いなくリヤシート下にあるハイブリッドバッテリーの交換が行われます。

その際にハイブリッドバッテリーを固定するためのボルトやその周りにキズが付きますので、その傷がついているものを選びます。

通常であれば修理されていないものを選ぶのセオリーですがトヨタのハイブリッドモデルでは間違いなく1度はハイブリッドバッテリーを交換する羽目になりますので、それなら既に1度交換されていた方が次の故障までの時間を稼ぐことができます。

そういった意味で、既にハイブリッドバッテリーの交換履歴があるものを選びます。

それから年式ですが、早いもので新車から1年余りでハイブリッドシステムが故障してしまうことがあるため、できるだけ新しい年式のものを選ぶ必要があるでしょう。

理想は半年落ち・・・「そんなものないよ!」といいたくなるかと思いますがそれなら中古でアクアを買わなければいいのです。

そもそもトヨタのハイブリッドカーは中古車として買うものではありませんので、新車を買うか他の自動車メーカーの車を買った方がいいと思います。

良質のアクアを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うアクアを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったアクアが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひ利用してみてください!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったアクアを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均14万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。興味のある方は、ぜひどうぞ!

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
アクアを中古車で買ってしばらくの間、乗り続けようと思っている場合、アクアの中古車選びで気をつけなければならないは経った2つ、年式と修理歴です。 この2つさえきちんとクリアできればきっと後悔しないでしょう。 理由はどちらもアクアの・・・ではな…

HOME

【スポンサードリンク】
Copyright (C) 2015-2018 コンパクトカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.