【アクア】あり得ないリコールとは?


【スポンサードリンク】

インターネットでアクアのリコールについて検索してみるといろいろなものが出てきますが、実はアクアに対する正式なリコールは2018年現在でも発表されていません。

ならばリコール隠しか?・・・そう思う方もいるかもしれませんがそれも違います。

実はこういったことになってしまうのには二つの理由があるのです。

1つは、アフィリエイト業者などによるWebページのヒット率向上のため・・・インターネットの検索エンジンで自分の作ったページがヒットしやすいように、検索する人が間違って「アクア リコール」などいったキーワードで検索することを想定してわざとリコールではないことをあたかもリコールであるかのように記載したWebページを作ったためによるものです。

商売のために事実が捻じ曲げられてしまったということになります。

もう1つはWebページを作った方、その内容を書いた方がリコールという概念を間違って理解しているからです。

既に発売された車で、かなり多くの方に同じトラブルが出ているとすぐに「これはリコールだ!」と騒ぎ立てる方がいますが、それらをリコールとは言いません。

リコールとは、人間の命に係わる重大な不具合や異常個所を発売済みの車で発見した時の対策方法であって、大事なのは「命に危機に直接関係しているかどうか」ということなのです。

アクアには実はこういった「命の危機」に関わる不具合は今まで出ていませんので当然ながらリコールが発表されるということもなかったわけです。

ただ、その代わりといっては何ですがリコールにならない、命の危機に関わらない部分の不具合はそれなりに存在しています。

まず1つ目は、プリウスの人身事故続きのおかげでアクアの「Toyota Safety Sense C」もグレードアップされ「Toyota Safety Sense」、それが新しく採用された矢先に発表された「改善対策」が、「Toyota Safety Sense」の一機能であるプリクラッシュセーフティ、いわゆる自動ブレーキシステムのトラブルです。

「Toyota Safety Sense」になってから障害物検知機能がレーザーレーダーと単眼カメラ映像を使ったものに変更されたのですが、単眼カメラを制御するシステムプログラムにバグがあって、明るい時はいいのですが、夜間やトンネルの中など暗いところに入った途端にカメラ映像を得ることができなくなり、レーザーレーダーによる障害物検知だけになってしまうのです。

これによって軽知能量が極端に落ち、場合によっては障害物検知ができず、自動ブレーキシステムを稼働させることができなくなり、交通事故を防ぐことができなくなる可能性が出てきてしまいます。

対策はプリクラッシュセーフティの制御プログラムを書き換えることで行います。

この症状を見ると自動ブレーキシステムを稼働させることができない、衝突事故を防ぐことができないからリコールではないか?ということになってしまいますが、そもそも自動ブレーキシステムは補助システムで適切なタイミングでブレーキを掛けるのはドライバーの役目であるため、この不具合自体が命の危機に関わることではないという解釈ができますので、確実にリコールではありません。


【スポンサードリンク】

次は無償修理です。

場所は左右のドアミラーで、症状としては室内にあるドアミラーを倒すためのスイッチを操作してもドアミラーを畳んだり、展開したりすることができないというものです。

ドアミラーの開閉機能は意外と単純で、ドアミラー内部に納められている電気モーターに付けられているギヤとドアミラーの土台にあるギヤが噛み込んでいる状態となっていて、その状態で電気モーターが回ることでドアミラーが動くといっただけのものです。

こういった構造において、ドアミラーの開閉ができないという場合は、そのほとんどが電気モーターの故障、電気モーターへつながる配線の不良、ギヤの破損などが原因であることが多いのですが、アクアの今回のパターンはこれらのどの部分にも不具合がありません。

ではどうして?となりますが、今回のトラブルの原因は開発設計時点でのクリアランスの設計が間違っていたこと、それからドアミラーを構成する樹脂の選択ミスでした。

ドアミラーの開閉ができないというのは常にということではなく、炎天下に車を止めておいたとか、気温の高い時期だけといったドアミラー自体の温度が高くなる時だけでした。

このことからわかったのが、温度が上がることによってドアミラーを作っている樹脂が膨張、そしてその膨張によってドアミラーの開閉を支えるヒンジの部分が硬くなってしまい、電気モーターの力で動かすことができなくなってしまったということでした。

軽度なものであれば可動部にシリコンスプレーやオイルスプレーを少量塗布することで直すことができますが、手でドアミラーを畳もうとしても「ギュギュギュ」という音を立てながら倒れるぐらいの固着具合ですと冷えるのを待つしかできなくなってしまいようです。

対策は症状にあわせてドアミラーすべて、あるいは一部の部品を交換することで行います。

それからもう1つ、今度はシフトロック関連のサービスキャンペーンです。

通常、セレクターレバーというのは安全性を考慮してブレーキペダルを踏まないとシフトロックが機能してレバーを動かすことができないものですが、その部分が壊れた時や修理をする時といった特別な時だけに手動でロックを解除するスイッチが付けられているものです。

このスイッチは通常では簡単に操作することができないようにわざわざ扱いにくいところにつけられることが多いのですがアクアはスペースの関係からドライバーが簡単に操作できる位置につけられているのです。

それによって最悪、ブレーキペダルを踏んでいない状態でもシフトロック解除ボタンを押せば、PレンジからDレンジに入れることができるようになり、その際に車が飛び出してしまう可能性があります。

それを回避するためにサービスキャンペーンという形で改善を行うわけですが、対策はシフトロック解除ボタンを使いにくくするために蓋をするという形で行われます。

良質のアクアを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うアクアを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったアクアが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひ利用してみてください!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったアクアを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均14万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。興味のある方は、ぜひどうぞ!

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
インターネットでアクアのリコールについて検索してみるといろいろなものが出てきますが、実はアクアに対する正式なリコールは2018年現在でも発表されていません。 ならばリコール隠しか?・・・そう思う方もいるかもしれませんがそれも違います。 実は…

HOME

【スポンサードリンク】
Copyright (C) 2015-2018 コンパクトカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.