ノートe-POWERと比較!どっちが買い?

それまでハイブリッドモデルというと、エンジンと電気モーターを切り替えて走ることで、エンジン稼働率を下げてそれによって燃料消費量を減らす、要するに燃費性能を向上させようするものという解釈が一般的でしたが、日産のノートe-POWERはその概念を覆す全く違う形のハイブリッドモデルとして作られました。

アクアのハイブリッドシステムは、ミラーサイクルNAエンジンの1NZ-FXE型と1LM型電気モーター、そしてニッケル水素バッテリーを組み合わせたTHS-IIですが、このハイブリッドシステムはいわゆるスプリット式ハイブリッドシステムと呼ばれるもので、エンジンの出力を発電機を回すためと走るために分けること、スプリットすることからそう呼ばれています。

走行パターンは・・・

・エンジンだけで走れる
・電気モーターだけで走れる
・エンジン・電気モーター両方を使って走れる

といった感じでこれらの走行モードをうまく切り替えて走るハイブリッドシステムです。

THS-IIにおいて燃費性能が良いといわれる理由は電気モーターだけで走る時間を長くとる制御が行われているからで、エンジンがかかっていなければ、当然ながらガソリンは減りません。

対してノートe-POWERに搭載されているe-POWERシステムは、一般的にシリーズ式ハイブリッドシステムと呼ばれているもので、THS-IIと同じようにエンジンや電気モーター、ハイブリッドバッテリーが搭載されている形になっていますが、実際にタイヤを回すのは電気モーターだけで、エンジンは発電機としてだけ機能します。

エンジンで発電してその電気をリチウムイオンバッテリーに蓄える、そしてそのバッテリー内にある電気を使って電気モーターを回すといった形で走ります。

なので、バッテリー内に電気がある場合はエンジンはかからず、一滴のガソリンも消費しないというわけです。

ハイブリッドモデルというよりはEVに近い形のものといっていいでしょう。
走行パターンも・・・

・電気モーターだけで走る

といった形でエンジンは走りに対して一切、関知していません。


【スポンサードリンク】

ただ、現状のe-POWERでは、バッテリーの容量が少ないため、発電機としてのエンジンが止まっている時間が比較的に短いことから、エンジンをかけて発電し、その電気を直接的に電気モーターに流して走るといったパターンが長くなりその部分でガソリン消費量が増えてしまうのがデメリットになるといっていいでしょう。

バッテリーの容量がそれこそEVぐらいのサイズとなり、発電機としてのエンジンを軽自動車レベルのエンジンでまかなえるようになるのが理想ですが、ちなみにそこまでいくとシリーズ式ハイブリッドシステムではなく、レンジエクステンダーEVとなってしまいます。

ノートe-POWERの構成はエンジンとしてNAエンジンモデルと全く同じ79psの1.2リッターエンジン、電気モーターとして105psのEM57型が搭載されています。

これによって1.5リッターエンジン搭載のハイブリッドモデルであるアクアとは1クラスほど下のクラスの車となりますので、ライバルとしてみることはできません。

しかし、アクアより下のクラスでありながら、アクアよりもパワーがあるのはノートe-POWERの最大のメリットでしょう。

燃費に関してもカタログ燃費で

・アクア:最大で38.0km/L
・ノートe-POWER:最大で37.2km/L

とほぼ同じといってよく、実燃費で

・アクア:20km/L
・ノートe-POWER:約26km/L

とむしろノートe-POWERの方が優れているぐらいですので、パワーもある、実燃費もいい、ボディ剛性も意外としっかりしている、インテリアのも高級感があるといったようにアクアと比較してノートe-POWERが劣る部分はありません。

アクアとノートe-POWER、どうやらノートe-POWERを買った方がいいようです。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
それまでハイブリッドモデルというと、エンジンと電気モーターを切り替えて走ることで、エンジン稼働率を下げてそれによって燃料消費量を減らす、要するに燃費性能を向上させようするものという解釈が一般的でしたが、日産のノートe-POWERはその概念を…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.