【アクア】アクアについて

今ではほとんどのことがガセネタであったことがわかったエコブーム、そのエコブームを日本国内に広めたのが政府が行ったエコカー対策でした。
現在も引き続き行われていますが、当時はエコカー減税だけでなく、税金の無駄遣いといわれていたエコカー補助金なる補助金制度が施行されていたのです。

エコカー補助金は2009年の6月から始まったものですが、どういうわけかトヨタはそれが始まるのをかなり前から知っていたかのように、それまで発売していた2代目プリウスを2009年の9月にモデルチェンジしたのです・・・今考えても不思議なことです。
きっとトヨタには未来を見ることができる超能力者がいるようです。

2009年に発売された3代目プリウスは、2代目プリウスの時代にも「大衆車の割には車両価格が高すぎる」と言われていたのにもかかわらず、新しい3代目モデルにおいても1.8リッターエンジン搭載の大衆車としては考えられないほど高い車両価格で販売されたのです。

多分、エコカー補助金を使って買うこと想定して少し盛ってしまったのだと思いますが、それにしても高すぎることから、エコカー補助金を使っても買えない方がたくさん出てきたのです。
それなら無理して車を買い替えなくても、プリウスでなくてもいいと思うのですが、面白いもので国から補助金が出るということがわかると積極的にそれを使わない時が済まないらしいです、国民って・・・。

半ば無理して買い替える・・・果たしてそれがエコだったのか?とも言いたくなりますが、当時はそれが正しいことだったようです。
しかし、たかが1.8リッターエンジンを搭載した大衆車が200万円オーバーとは高すぎる・・・あまりにも高すぎるということでさすがにエコカー補助金を使っても買うことができない方が続出してきました。
消費者の声をすぐに商売に活かすとトヨタですので、そういった傾向を見逃すはずがなく、すぐにそういった方たちでも買えるような低価格のハイブリッドモデル・・・というかエコカー補助金を使って買うことができる車を作ることになったのです。

とはいっても流用パーツの塊で車を作るトヨタといってもさすがにすぐに新しいモデルを作ることができないため、とりあえず2代目プリウスに安い価格設定をして発売するという「つなぎ」の手段を取り、その間にできるだけ早く安いハイブリッドモデルを作ることになったのです。

もちろん時間短縮といつものやり方でほとんどが流用パーツを使って作られることになり、

・プラットフォーム・・・1NR型エンジンを搭載している2代目ラクティスと同じもの
・エンジン・・・2代目プリウスと同じもの
・ハイブリッドシステム・・・2代目プリウスと同じもの

といった形で作られ、生産コストを下げるために内装を軽自動車レベルにまで落として作られました。

これがアクアです。

早い話、アクアは3代目プリウスを買うことができない経済力しかない方にために2代目プリウスと2代目ラクティスをくっつけてそれに専用ボディを載せて作られた「プアマンズ・プリウス」ということになります。

現在でもマイナーチェンジを繰り返しながら発売されているアクアですが、残念なことにこの車もプリウス同様に役目を終えたモデルです。
よく考えてください、プリウスの価格が高くて買えない方がたくさんいたから安いアクアを作りました。
その後、若干高いですが質感が良いカローラシリーズのハイブリッドモデルやアクアとボディ違いといっていいぐらい同じつくりがされているヴィッツのハイブリッドモデルが発売されています。
プリウスが買えなくてもカローラシリーズやヴィッツのハイブリッドモデルが買えるでしょう。

ということはアクアももういらない車であるということです。

どうやらこういったことをトヨタはわかっているようで、現に発売から9年以上が経ちますが一度もモデルチェンジされていません。
次があるかどうかはわかりませんが、基本的にはもう必要のない車といっていいでしょう。

希望のアクアが簡単に手に入る、最も確実な方法とは!?

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うアクアを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったアクアが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったアクアを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車をあと17万円高く売る、おそらく1番確実な方法がコレ!!

新しい中古車を新車でも中古車でも買おう思った時、ほとんどの人が、何も考えずに、これから買う車の販売店で下取りしてもらっていることだろう。

でも、ちょっと待った!!

それ、相当損してますから・・・。下手したら60万円くらい損してるかも・・・
今一度、冷静になって、考えて見てみることを強くオススメする。

下取りなんて、車購入資金の何の足しにもならないのだから・・・

ただただ愛車がかわいそう。
例えるなら、ブックオフで本を売るくらい、ほとんどお金にならない(笑)

では、どうすればいいのか!? それについてお話しよう。

私がおすすめするのは、「かんたん車査定ガイド」というサービスだ。

愛車の査定額が平均17万も高くなった、という実績がある通り、1番高く愛車を売りたいならぜひ試してもらいたいサービスなのだ。

平均17万円も高い査定額を手にしたら(平均だからね)、、40万や60万もの差がでることもザラだから、夢が広がるばかり・・・
17万円もの棚ぼたの臨時ボーナスを手にしたら、どうするか想像してみるといいだろう。

自分なら・・・

・グレードの高いタイヤやホイール、冬ならスタッドレスタイヤを買う
・少しグレードの高いカーナビやスピーカーを取付ける
・家族で沖縄旅行にいく
・娘にピアノを買ってあげる
・高級料理店で贅沢する
・最近ガタがきはじめた家電をごっそり買い換える
・10年目の結婚の節目に奥さんにサプライズプレゼントする
 などなど

みなさんにも、まずはその部分をイメージしてもらいたい。

さて、このサービスをオススメする理由だが、日本を代表する大手買取業者(最大10社)がこぞって、しのぎを削って査定してくれるわけだから、高額査定してもらえる可能性はかなり高いわけだ・・・どの業者も必死だからね。。。

さらに最近は、昔ほどしつこい電話連絡もほとんどなくなったし、もし電話が来たとしても、「他社が●●万円だから」というだけで、手が出せない業者は大人しくしっぽ巻いて帰っていくだけだから。。

それでも下取りに出した方が断然ラク・・・というお金持ちの人にはオススメしないが、そんな高額査定の可能性を秘めているから、試してみても損することはないだろう。

一括査定できる主な車買取会社

ガリバー、カーセブン、アップル、ビッグモーター(ハナテン)、車買取専門店ジャンプ、シーボーイ、TAX(タックス)、カウカウ(株式会社アクセス)、カーチス、Car-bb.com、ソッキン王、カーリンク、ケンモータース買取NO.1センター、オークショントレード、カーチェンジA1、ジャック、ガレージカレント、ロデオドライブ、HOT+UP、三共、オートバジェット、ジーアフター、ONLY ONE、NORTHGRAPHIC AUTO、インディオ、ネクステージくるま買取センター、オートベル

Topics

【概要】
今ではほとんどのことがガセネタであったことがわかったエコブーム、そのエコブームを日本国内に広めたのが政府が行ったエコカー対策でした。 現在も引き続き行われていますが、当時はエコカー減税だけでなく、税金の無駄遣いといわれていたエコカー補助金な…

HOME


Copyright (C) 2015-2019 エコカーファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.